新しい SSG5000X シリーズ RF アナログ/ベクトル信号発生器

2020年5月15日、SIGLENTは新シリーズRFアナログ/ベクトル信号発生器をリリースします。これは、以前のSSG3000Xシリーズよりもはるかに高い出力周波数範囲を有する。モデルSSG5060X-Vを使用すると、RF出力周波数は最大6GHzです。

2020年5月15日、SIGLENTは新シリーズRFアナログ/ベクトル信号発生器をリリースします。これは、以前のSSG3000Xシリーズよりもはるかに高い出力周波数範囲を有する。モデルSSG5060X-Vを使用すると、RF出力周波数は最大6GHzで、内部のベースバンド・ジェネレータの帯域幅は最大150MHzです。

SSG5000Xは、強力な機能と広い周波数範囲を備え、受信機テスト、アンプテスト、IP3測定&レーダーおよびデジタル変調テスト、スパーおよび高調波測定、ACPRテスト、ケーブル損失補償など、豊富なアプリケーション分野を有しています。

強力な ARB モード

家電製品の急速な発展には、ワイヤレス製品を検証するためにさまざまな通信プロトコルが必要です。優れた信号発生器は、複数種類の共通プロトコル信号を出力するエンジニアを支援する必要があります。SSG5000X は、再生プロトコル ファイルをサポートし、5G NR、LTE、WLAN、WCDMA、GSM、ブルートゥースなどの組み込みの共通プロトコル ファイルを備えています。これは、検証作業を行う適切なジェネレータです。

ARBモードでは、SSG5000Xは波形シーケンスを構築して再生し、マルチキャリア信号を生成することもできます。無線通信/携帯電話通信などのシステムやWi-Fi 802.11、LTEなどのネットワーク規格に使用されるOFDM(直交周波数分割多重化)の導入により、マルチキャリア信号が広く使用されています。

波形シーケンスの作成と再生

マルチキャリア信号の生成

受信機の性能をテストしてさまざまな環境をシミュレートする際に、リアルタイムのAWGNを変調信号に追加できます。

デジタルIQ信号にリアルタイムAWGNを追加して、受信機のパフォーマンステストを行う

ARBモードは、信号のピークパワーをクリップし、CCDF(相補累積分布関数)曲線を表示することができます。波形シンボルをマークし、トリガ信号IQ_Event出力して別のユニットを同期させることができます。

 

カスタムモード – 迅速にテスト基準を満たす波形を作成します

IQ変調は、情報を送信する非常に効果的な方法です。SSG5000Xは、QAM、PSK、ASK、FSKのような一般的な変調信号を出力することができます。シンボルレートは、120 Msps まで設定できます。

カスタムモードでIQ信号を出力

 

マルチトーンモード

マルチトーン信号は、いくつかのシグネ波から構成されています。SSG5000Xは最大20トーンをサポートします。オーディオ測定、アンプ、レシーバの非線形歪みテスト、地上および衛星通信試験に広く使用されています。

SSG5000X出力マルチトーン信号

 

ケーブル損失補償

伝送ラインが長いほど、ケーブル損失が大きくなります。信号がDUTに到着する前に良好な平坦性を確保するためには、伝送線路とスイッチインピーダンスによる損失を補うために平坦性補正が必要です。SSG5000Xは外部電源センサ(含まれていない)による平坦性補正をサポートしています。

SSG5000Xはケーブル損失補償を行う

SSG5000Xはまた、USBとLANインターフェイスを搭載し、データを送信し、リモートコントロールを行うことが便利です。これらすべての実用的な機能を備えたSSG5000XシリーズRF信号発生器は、エンジニアがRFパズルを解くのに役立つ適切なピースです。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る