SIGLENT Technologies、SVA1000Xシリーズのスペクトルおよびベクトル解析の帯域幅と機能を拡張

Siglentは、SVA1000Xシリーズに3.2 GHzモデルを導入しました。 これ以降、広く使用されている2.4GHz ISM帯域でアンテナ整合などの測定を実行することもできます。 さらに、SVA1032Xの導入により、ベクトルネットワーク解析機能が統合され、SVA1000Xシリーズ全体の標準として有効になります。

SVA1000X

SIGLENT Technologiesは、SVA1032Xをスペクトル&ベクトルアナライザーの製品グループの新製品として紹介しています。 SVA1015Xと比較すると、周波数範囲が拡張されているだけでなく、パフォーマンスとRF仕様も拡張されています。 スペクトルアナライザーの周波数範囲は9 kHz〜3.2 GHz、ベクトルネットワークアナライザーの周波数範囲は100 kHz〜3.2 GHzです。 さらに、オプションのベクトルネットワーク解析(VNA)機能も標準としてSVA1015Xモデルに含まれます。
SVA1032Xは、競合他社よりも優れたRF仕様を備えています。 -161dBm / HzのDANL、<-98dBcの位相ノイズ、<0.7dBの合計振幅精度、および実際の1 Hz RBWを備えています。 高度な測定(AMK)、EMC-Pre-Compliance(EMC)、障害までの距離測定(DTF)、および標準VNAおよびSAなどのオプションにより、この製品は強力な測定機能を示します。

SVA1000X

SVA1032Xには、100 kHz〜3.2 GHzのトラッキングジェネレーターとベクトルリフレクトブリッジが組み込まれています。 新しく追加された高調波および搬送波対雑音比(CNR)測定は、オプションSVA1000X-AMKの一部になりました。 SVA1000X-EMIオプションは、200 Hz、9 kHz、120 kHz、1 MHzを含むEMIフィルタ帯域幅を拡張します。 また、CISPRで定義されている準ピーク検出器も含まれています。 さらに、SVA1032Xは、アナログおよびデジタル変調用のベクトル信号解析機能(SVA1000X-AMA / DMA)を装備できます。 これは、たとえば、PSK、MSK、またはQAM変調信号の誤差ベクトル振幅(EVM)を測定するために使用できます。

SVA1000X

10.1インチのタッチスクリーン、外部マウスとキーボードの接続、および統合されたWebサーバーにより、操作と制御が容易になります。

SVA1000X

SVA1032Xは、周波数範囲の拡張だけでなく、パフォーマンスのアップグレードでもあります。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る