SSG5000XシリーズRF信号発生器

主な特長

  • 最大周波数 4 GHz/6 GHz
  • 0.001 Hz周波数設定解像度
  • 最大出力電力 +26 dBm (タイプ)
  • 位相ノイズ: -120 dBc/ Hz @ 1 GHz、20 kHz オフセット(タイプ.
  • 標準 AM & FM & PM とパルス変調
  • パルス列ジェネレーター(オプション)
  • 外的IQ信号発生器(オプション)

パワフル ARB モード

SSG5000X は、再生プロトコル ファイルをサポートし、5G NR、LTE、WLAN、WCDMA、GSM、ブルートゥースなどの組み込みの共通プロトコル ファイルを備えています。これは、検証作業を行う適切なジェネレータです。
ARBモードでは、SSG5000Xは波形シーケンスを構築して再生し、マルチキャリア信号を生成することもできます。無線通信/携帯電話通信などのシステムやWi-Fi 802.11、LTEなどのネットワーク規格に使用されるOFDM(直交周波数分割多重化)の導入により、マルチキャリア信号が広く使用されています。

カスタムモード – 迅速にテスト基準を満たす波形を作成します

IQ変調は、情報を送信する非常に効果的な方法です。SSG5000Xは、QAM、PSK、ASK、FSKのような一般的な変調信号を出力することができます。シンボルレートは、120 Msps まで設定できます。

マルチトーンモード

マルチトーン信号は、いくつかのシグネ波から構成されています。SSG5000Xは最大20トーンをサポートします。オーディオ測定、アンプ、レシーバの非線形歪みテスト、地上および衛星通信試験に広く使用されています。

ケーブル損失補償

伝送ラインが長いほど、ケーブル損失が大きくなります。信号がDUTに到着する前に良好な平坦性を確保するためには、伝送線路とスイッチインピーダンスによる損失を補うために平坦性補正が必要です。SSG5000Xは外部電源センサ(含まれていない)による平坦性補正をサポートしています。

モデル 周波数範囲 周波数 IQ変調 最大出力電力 位相ノイズ 表示
SSG5040X CWモード9 kHz~ 4 GHz 0.001 Hz いいえ +26 dBm (タイプ) -120 dBc/Hz @1 GHz、オフセット 20 kHz (タイプ) 5インチのキャパシタンスタッチスクリーン、RGB(800*480)
SSG5060X CW MODE 9 kHz ~ 6 GHz 0.001 Hz いいえ +26 dBm (タイプ) -120 dBc/Hz @1 GHz、オフセット 20 kHz (タイプ) 5インチのキャパシタンスタッチスクリーン、RGB(800*480)
SSG5040X-V CWモード9 kHz〜4 GHz;IQモード10MHz~4GHz 0.001 Hz はい +26 dBm (タイプ) -120 dBc/Hz @1 GHz、オフセット 20 kHz (タイプ) 5インチのキャパシタンスタッチスクリーン、RGB(800*480)
SSG5060X-V CWモード9 kHz〜6 GHz;IQモード10MHz~4GHz 0.001 Hz はい +26 dBm (タイプ) -120 dBc/Hz @1 GHz、オフセット 20 kHz (タイプ) 5インチのキャパシタンスタッチスクリーン、RGB(800*480)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る