SIGLENT、新しい16 V / 8 A DC電源を発表 – SPD1168X

SIGLENT Technologiesは、新しい16 V / 8 A DC電源SPD1168Xのリリースを発表しました。ハイライト:
シングル出力:0〜16 V / 8 A
高分解能:1mV / 1mA
低リップル:≦350μVrms/ 3mVpp

SPD1168X

解像度と精度の向上

SPD1168XプログラマブルDC電源は、最大1mV / 1mAの設定点分解能と優れた設定とリードバック精度を備えています。 ユーザは、非常に小さな電圧または電流の変化を生成することができ、様々な負荷に渡って整流されたDC出力を維持します。

より多くのDUT安全性ラボ電源は、予測可能で制御された出力を生成する必要があります。 これは、試験されるデバイス(負荷)を保護するために必要です。 SPD1168X電源はオーバーシュートを防ぎ、テスト中のユーザの重要なデバイスを保護します。

より多くの出力純度

SPD1168Xのリップルおよびノイズは、350μVrms/ 3mVpp以下の低電圧であるため、ユーザーにはよりクリーンな電源テスト環境が提供されます。

低リップルとノイズ

高速応答

SPD1168XプログラマブルDC電源の高速過渡応答時間は50μs未満であるため、DUTの負荷が急激に変化したときに出力電圧を設定値に素早く戻すことができます。携帯電話などのデバイスでは、 Wi-Fi、ワイヤレスセンサーなどがあります。負荷は他の電源の過渡応答能力よりも速く変化する可能性があり、テスト環境でも電源電圧が設定値に急激に低下する可能性があります。 デバイスをシャットダウンするか、繰り返し開始します。 SPD1168Xはこの問題に対する完璧なソリューションです。

高速過渡応答時間

もっとスマートに

その他の従来の電源とは異なり、SPD1168Xは4線式補償(センス)機能を備えています。 4線式センス・モードは、電源リードが高電流でIRドロップを起こすため、負荷での電圧降下を補償します。 SPD1168Xはリモートセンシングを使用して、出力リード線で最大1Vの損失を補償することができます。 したがって、DUTに供給される電圧が、電源が設定されているのと同じ電圧になるようにします。追加の安全性のために、補償が1Vを超えると、電源が自動的に出力を遮断し、 テスト。 SPD1168Xのきれいなフロントパネルレイアウトとコンパクトなボディサイズにより、テストベンチのスペースを最小限に抑えることができます。

製品ページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る