シグレント・テクノロジー、ハンドヘルド・オシロスコープの新製品を発売

計測機器の携帯性は、保守点検や現場作業を行うエンジニアにとって常に気になるところです。シグレント・テクノロジーは、これらの問題を解決するために、ポータブル計測器「THE SIGLENT SHS800X/1000Xシリーズ」を開発しました。

保守点検や現場作業を行うエンジニアにとって、計測機器の携帯性は常に気になるところです。そこでシグレントは、現場作業や産業用途に特化して開発されたポータブル計測器「THE SIGLENT SHS800X/1000Xシリーズ」を発表します。両シリーズとも、オシロスコープ、レコーダー、マルチメーターの機能を統合し、使い勝手の良いデザインに仕上げました。このシリーズは、優れた測定性能と非常に高い携帯性を兼ね備えており、多くの複雑な試験環境において広く使用することができます。

シグレント・テクノロジーは、デュアルチャネル・オシロスコープ、マルチメータ、シリアル・トリガ/デコード、スペクトル解析、データ・ロギングを1台のバッテリー駆動のポータブル機器に統合した「5in1」ハンドヘルド・オシロスコープ2シリーズ、SHS800XおよびSHS1000Xを発表しました。SHS800XシリーズとSHS1000Xシリーズは、パワフルなだけでなく、わずか1.7 kgの重量で最大5.5時間のバッテリー駆動が可能です。また、複雑で過酷な環境下でも優れた性能を維持できるよう、IP51の防水・防塵規格に準拠した設計を誇るなど、堅牢性と信頼性にも優れています。

両シリーズとも、アナログ帯域幅は200 MHzと100 MHz、最大サンプルレート1 GSa/sのシングルADC、メモリ深度12 Mptsのシングルメモリモジュールが用意されています。使いやすさを追求し、よく使う機能にはユーザーフレンドリーなフロントパネルデザインでアクセスできます。

デジタルトリガーを採用し、高感度、低ジッタ、最大40万フレーム/秒の波形取り込みを実現しました。また、256段階の輝度階調表示機能や色温度表示モードを採用し、鮮明で迅速な故障の特定が可能です。波形取得後は、ワンクリックで簡単に結果をファイルや画像として保存し、その後の解析に役立てることができます。

SHS1000Xシリーズは、オシロスコープ2チャネル、マルチメータ1チャネル、電源アダプタ、USBホスト/デバイスポートの間を完全に絶縁しています。SHS1000Xオシロスコープの各チャンネルは、シャーシグランドから、またチャンネル間から絶縁されています。完全絶縁されているため、偶発的な短絡の危険性が少なく、実験室での測定にもフローティング信号の測定にも最適です。アナログスコープ入力への最大電圧入力は、CATIII 600 Vrms、CATII 1000 Vrmsです。 過酷な環境下でも、シグレントに期待される性能を安全かつリーズナブルに実現します。

自動車産業や組込み産業では、シリアルプロトコルバスの遵守が求められることが多くあります。SHSXは、IIC、SPI、UART、CAN、LINの各バスに対応したフリー・シリアル・デコード、シリアルバストリガなど、強力なトリガ・モードを備えており、自動車や組込み機器の現場におけるデコードのテスト要求に応えます。

また、新たにFFT演算機能を搭載しました。100万点FFT機能を搭載し、スペクトル解析の精度を大幅に向上させるとともに、ハードウェア設計により演算の高速化も実現しました。また、周波数や振幅などのデータを直接マークできる解析機能を搭載し、豊富なウインドウタイプとともに、多様なスペクトラム解析ニーズに対応します。

SHSシリーズは、6000カウントのハードウェアベースの真のRMSマルチメータを内蔵しており、DC/AC電圧、DC/AC電流、抵抗、静電容量、ダイオード、導通を測定することができます。この機能は、従来の測定環境におけるフィールドテストの効率を大幅に向上させます。

オシロスコープ機能とマルチメーターの測定値を同時に記録することができます。最大4組の測定値を同時に記録し、後で再生することができます。また、波形レコーダ機能は、サンプリングレート25kSa/sで最大22時間の連続記録が可能です。

SHS800X、SHS1000Xシリーズは、軽量なフレームに強力な機能を搭載し、過酷な試験環境においてお客様の試験効率の向上に貢献します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る