SIGLENT、ワイドレンジプログラマブルスイッチングDC電源「SPS5000Xシリーズ」を新発売

近年、パワーエレクトロニクスの重要性が高まっています。適切な試験装置技術は、最新の設計の開発と最適化において重要な役割を果たしています。電源は、実験室や生産現場での標準的な機器の一部です。Siglent社は、より大きな電力を必要とするアプリケーションに対応するために、最大出力1080ワットのスイッチモード電源の新シリーズを発表します。汎用性の高い新シリーズSPS5000Xは、高出力密度、軽量化、広い出力範囲を実現しています。

2021年6月。SIGLENT Technologies社は、プログラマブルなDCスイッチング電源の新シリーズを発表します。SIGLENT SPS5000Xシリーズは、優れた負荷制御特性を持つパワフルでフレキシブルなDC電源です。アプリケーションの要求に合わせて、電圧と電流の10種類の組み合わせから適切なモデルを選択することができます。1チャンネルのデバイスに加えて、2チャンネルと3チャンネルのモデルを選択することができます。最大出力電流は90Aまで、最大出力電圧は160Vまで可能です。パラレルモードでは、最大3240Wの出力を実現しています。

すべてのモデルに、明るく見やすい2.4インチの有機ELディスプレイを搭載。Webサーバーを内蔵しているため、ソフトウェアをインストールすることなく、Webインターフェースを使って素早く簡単に機器の設定を行うことができます。
SPS5000Xシリーズは、出力電力曲線が一般的に長方形で、最大電力が電圧や電流の設定によって制限される従来の電源に比べ、柔軟性に優れています。SPS5000Xシリーズは、電圧や電流の設定により最大出力が制限される従来の電源とは異なり、定電力モードでは電圧や電流の出力を自動的に調整することができます。これにより、より広い出力範囲をカバーすることができます。また、リスト機能を搭載しており、最大50ステップまでの電圧・電流パターンの連続出力が可能です。各ステップには、ドエルタイムとスロープに加えて、ユーザー定義のスイッチオンディレイをプログラムすることができます。(キーワード:パワーシーケンス)。) リストの作成は、コントロールパネル、ウェブインターフェース、またはCSV形式のリストシーケンスファイルのインポート(USBストレージデバイス、ウェブインターフェース)で行うことができます。

また、電流と電圧の優先モードもあります。電流モード」では、試験体を保護するために、起こりうる突入電流のオーバーシュートを制限します。電圧モード」では、設定された出力電圧にできるだけ早く到達することが優先されます。また、出力抵抗を調整できるのも非常に便利な機能です。このデバイスをバッテリー駆動製品のテストに使用する場合、DUTが古くなったときや異なる種類のバッテリーを使用したときの動作を調べるために使用することができます。

過電圧、過電流、過熱、最大電力制限などの一般的な保護モードに加え、さらなる安全機能として内部放電回路を搭載しています。これにより、出力に残ったすべての電荷は、定められた方法で内部のキャパシタンスを介して放電されます。この機能は、出力電圧が低下した場合に、このプロセスを加速するために使用することもできます。

新シリーズのスイッチモード電源は、広い出力電力範囲、多彩で柔軟な出力機能、そしてシンプルで直感的なユーザーインターフェースを備えています。また、SIGLENTの特徴である価値観が、この新シリーズをうまくまとめている。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る