SIGLENT ベクトルネットワークアナライザの新製品「SNA5000A」を発売

SIGLENT ベクトルネットワークアナライザの新製品「SNA5000A」を発売

無線・携帯電話ネットワークの継続的な発展、データトラフィックの増加、データレートの上昇に伴い、高性能な測定技術の必要性が高まっています。ベクトルネットワークアナライザは、高周波技術の分野で重要な測定装置です。受動部品や能動部品の測定、2ポートネットワークの検証、アンテナの適合などは、VNAが必要とされる例のほんの一例です。SNA5000Aの直感的な操作コンセプトは、作業を容易かつ迅速にし、大画面で結果を明確に表示することができます。また、強力なハードウェアにより、正確で信頼性の高い結果を得ることができます。

2021年7月20日。

SIGLENT Technologies社は、初の2ポートまたは4ポートのベクトルネットワークアナライザを発表します。この革新は、SNAがSiglent社の製品の幅を広げ、新しい「A-Line」に導入された最初の製品群であることから、Siglent社にとって重要で意義深いステップです。これは、各型番の末尾に「A」という新しいサフィックスを付けることで表現されています。今後1年半の間に、さらにいくつかのAシリーズの製品が発売される予定です。既存の大成功を収めたXシリーズが価格性能を重視しているのに対し、Aラインは品質、信頼性、効率性を重視しています。
SNA5000Aは、2ポートまたは4ポートのネットワーク・アナライザで、周波数範囲は9kHz〜4.5GHzまたは8.5GHzです。ダイナミックレンジは125dBで、例えばフィルターのストップバンドをパスバンドを見失うことなく正確に解析することができます。アナライザは、2/4ポートのSパラメータおよび差動Sパラメータの測定をサポートしています。タイムドメイン解析は、オプションのSNA5000-TDA(Time Domain Analysis)またはSNA5000-TDR(Enhanced Time Domain Analysis)で行うことができます。
ネットワーク・アナライザの精度は、校正の精度に大きく関係します。アプリケーションごとに異なる校正技術が必要となります。SNA5000Aでは、それぞれのアプリケーションに最適な精度を得るために、1ポート補正、拡張1ポート補正、フル2ポート補正、およびSOLT、SOLR、TRLの各手法を選択することができます。また、調整可能な基準面、ポートマッチング、テストソケットの組み込み/取り外しにより、外部の誤差要因を排除することができます。SNA5000AシリーズのVNAには、リニアおよび対数の周波数スイープ、出力パワー・スイープ、タイムドメイン・スイープ、セグメント・スイープの5種類のスイープが用意されています。また、数式エディタやマスクテストにより、開発者のテスト対象物の解析をサポートし、評価・検証を迅速に行うことができます。

12インチの大型タッチスクリーンは柔軟に設定でき、異なる測定値を表示する複数のウィンドウを明確に表示できます。ショートカットメニューは設定に役立ち、最も重要な機能に素早くアクセスできます。本機は、外付けのマウスとキーボード、HDMI経由の外部モニターに対応しており、PCからWebインターフェースを介して制御することができます。
デバイスの詳細については、以下をご覧ください。
https://int.siglent.com/products-overview/sna5000a/

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る