任意波形発生器「SDG7000A」発売のお知らせ

任意波形発生器「SDG7000A」を発売

シグレント、史上最強の任意関数発生器シリーズを発表

ファンクション/任意信号発生器は、センサー出力、通信、その他の複雑な信号を簡単にシミュレートできる柔軟なソースとして、電子機器研究室では重要な役割を担っています。シグレントのSDG7000Aシリーズは、優れた出力性能と高い柔軟性を兼ね備えています。このため、組込み電子機器の開発に最適なシリーズとなっています。

2022年03月03日

シグレント・テクノロジーは、パフォーマンス・シリーズの次の測定器を発表します。この新しい2チャネル任意関数発生器は、3つの帯域幅で提供されます。350 MHz、500 MHz、1 GHzの3つの帯域幅を提供します。独立した2つのチャネルは、メニュー制御により組み合わせることができ、主信号の干渉をシミュレートしたり、複雑な変調信号を簡単に生成することができます。正弦波、方形波、三角波、パルスなどの標準波形に加え、デバイス固有の帯域幅や帯域幅を制限したガウシアンノイズを出力することが可能です。また、メニューで設定することにより、主信号にノイズを付加することも可能で、受信機テストを容易にすることができます。PRBS(Random Bit Sequence)生成も標準機能として搭載しています。全機種に512MPtのメモリを搭載しており、カスタム信号の作成が可能です。シグレントのTrueArb技術により、最大2.5GS/sのサンプルレートでポイント・バイ・ポイント出力し、ジッタを最小限に抑えることで波形の忠実度を保証しています。ユーザー定義の信号は、Siglent EasyWaveソフトウェアまたはデバイス・ディスプレイで直接生成できます。また、テキストファイルやCSVファイルから任意のカーブをインポートすることが可能です。シーケンスモードでは、最大1024の波形セグメントをシーケンスすることができ、より複雑な波形を作成することができます。

最大出力電圧は、50オームの外部負荷に対して最大12Vpp、高インピーダンス環境に信号を供給する場合は最大24Vppまで可能です。この出力範囲により、外部増幅の必要性が減少し、このクラスで最も高い電圧の1つを特徴としています。出力はシングルエンドまたは差動として構成することができます。SDG7は、FM、AM、PM、オプションのデジタルIQ変調など、強力な変調オプションも備えています。これにより、ベースバンドのIおよびQ信号、ならびに搬送波周波数1 GHz、シンボルレート500 MS/sまでの高周波変調信号を生成することが可能です。このジェネレーターは、TTLまたはLVDSバスタイプ専用のモジュールにより、最大16のデジタル信号の供給をサポートしています。達成可能な最大データレートは1Gbpsです。

SDG7000Aシリーズでは、設定を容易にするために、考え抜かれたユーザー・インターフェースを中心に据えています。すべての設定は、グラフィカルに構成されたメインメニューから素早くアクセスすることができます。5インチのタッチディスプレイで直接操作することも、USBマウスを使用して操作することもできます。また、多くのシグレント製品同様、SDG7000AにもWebサーバーが内蔵されています。このウェブサーバーにより、ジェネレーターを遠隔操作するためにPC制御ソフトウェアを追加でインストールする必要がありません。ジェネレーターをLANに接続し、コンピューターでブラウザーを開き、ジェネレーターのIPアドレスを入力するだけで、機器をコントロールすることができます。

このパワフルな新しいジェネレーターシリーズの詳細については、お近くのシグレントオフィスにお問い合わせください。

このシリーズの詳細はこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る