SDS5000Xシリーズデジタルストレージオシロスコープ

製品の概要

SIGLENTのSDS5000Xシリーズデジタルストレージオシロスコープは、1 GHz、500 MHz、350 MHzの帯域幅で利用可能で、最大サンプリングレート5 GSa / s、最大レコード長250 Mpts、最大4アナログチャンネル+ 16デジタルチャンネルの混在表示が可能です。シグナル解析能力

SDS5000Xシリーズは、最大波形キャプチャレートが最大110,000 wfm / s(通常モード、シーケンスモードで最大480,000 wfm / s)、256レベルの輝度グレーディング表示機能と色温度表示モードを備えたSiglentのSPOテクノロジを採用しています。また、高感度で低ジッタの革新的なデジタルトリガシステムも採用しています。トリガシステムはシリアルバストリガを含む複数の強力なトリガモードをサポートします。履歴波形記録、シーケンス取得、検索およびナビゲート機能により、拡張波形記録をキャプチャ、保存、および分析することができます。一連の優れた測定機能と演算機能、25 MHz任意波形発生器のオプション、およびシリアルデコードも、SDS5000Xの機能です。

10.1インチディスプレイの大容量静電容量式タッチスクリーンはマルチタッチジェスチャーをサポートし、最も一般的に使用される機能のための使いやすいワンボタンデザインの追加により、SDS5000Xの操作効率を大幅に向上させることができます。それはまたマウスおよび外的なキーボード制御を支える。

主な機能

  • 最大5 GSa / sのリアルタイムサンプルレートを備えた1 GHz、500 MHz、350 MHzモデル
  • SPOテクノロジ
  • 波形キャプチャレートは最大110,000 wfm / s(通常モード)、および480,000 wfm / s(シーケンスモード)
  • 256段階の輝度グレーディングと色温度表示モードをサポート
  • 最大250 Mptsのレコード長
  • デジタルトリガーシステム
  • インテリジェントトリガー:エッジ、スロープ、パルス、ウィンドウ、ラント、インターバル、ドロップアウト、パターン、クォリファイド、およびビデオ(HDTV対応)。トリガーゾーンは高度なトリガーを簡素化するのに役立ちます
  • シリアルバストリガおよびデコーダ、プロトコルI2C、SPI、UART、CAN、LIN、CAN FD、FlexRay、I 2 S、およびMIL-STD-1553Bをサポート
  • 低バックグラウンドノイズ、0.5 mV / div〜10 V / divの電圧スケールをサポート
  • セグメント取得(シーケンス)モード。ユーザーが設定したトリガー条件に従って、最大レコード長を複数のセグメント(最大100,000)に分割します。セグメント間のデッドタイムは非常に短く、適格なイベントをキャプチャーします。
  • ヒストリ波形記録(ヒストリ)機能、最大記録波形長は100,000フレームです
  • 39パラメータの自動測定機能、ヒストグラム、ゲーティング測定、数学測定、履歴測定、Ref測定による統計をサポート
  • 数学関数(2 Mpts FFT、加算、減算、乗算、除算、積分、微分、平方根)、数学上の数学をサポート
  • 検索とナビゲート
  • デジタル電圧計
  • 波形ヒストグラム
  • 高速ハードウェアベースの平均、Eres(Enhanced Resolution)
    ユーザ定義のマスクを作成するためのMask Editorツールを使用した、高速ハードウェアベースのMask Test機能
  • 最大1.25 GSa / sの最大波形キャプチャレート、最大62.5 Mptsのレコード長を備えた16のデジタルチャネル(オプション)
  • 25 MHzファンクション/任意波形発生器、複数の定義済み波形を内蔵
  • 1024 * 600の解像度を持つ大型10.1インチTFT-LCDディスプレイ。容量性タッチスクリーンはマルチタッチジェスチャーをサポート
  • 外付けマウスとキーボードをサポート
  • 10種類のワンボタンショートカット
  • 複数のインタフェース:USBホスト、USBデバイス(USBTMC)、LAN(VXI-11、telnet、ソケット、Web)、合格/不合格、トリガ出力、10 MHz入力、10 MHz出力、VGA出力
    内蔵Webサーバは、Webブラウザを使用したLANポートによるリモートコントロールをサポートします。
  • SCPIリモートコントロールコマンドをサポート

最大110,000 wfm / sの波形更新レート

SDS5000X-02

最大110,000 wfm / sの波形更新レートで、オシロスコープは異常な、または確率の低いイベントを簡単に捕捉できます。 シーケンスモードでは、波形キャプチャレートは480,000 wfm / sに達することがあります。

最大250 Mpts / chのレコード長

SDS5000X-03

ハードウェアベースのズーム技術と最大250 Mptsの記録長を使用して、ユーザーはサンプルレートを犠牲にすることなくより遅いタイムベースを選択し、そして関心領域に焦点を合わせるために素早くズームインすることができます。

256段階輝度グレーディングと色温度表示

SDS5000X-04

複数トリガ機能

SDS5000X-05

エッジ、スロープ、パルス、ビデオ、ウィンドウズ、ラント、インターバル、ドロップアウト、パターン、修飾およびシリアルトリガー

トリガーゾーン

SDS5000X-06

トリガーゾーンは高度なトリガーを可能にします

さまざまなパラメータの測定

パラメータ測定には、水平、垂直、CH遅延の3つのカテゴリがあり、合計39種類の測定が可能です。 測定は指定されたゲート期間内に実行できます。 数学、参照、および履歴フレームの測定がサポートされています

パラメータ統計機能

SDS5000X-08

統計は現在の値、最大値、最小値、標準偏差、最大5つのパラメータの平均値を同時に表示します。 ヒストグラムは、パラメータの確率分布を示すために利用できます。

高度な数学機能

SDS5000X-091

従来の(+、 - 、X、/)演算に加えて、FFT、積分、微分および平方根演算がサポートされています。 数学上の数学はより複雑な演算に利用可能です

検索とナビゲート

SDS5000X-10

ハードウェアアクセラレータFFTは最大2 Mptsの動作をサポートします。 これは速いリフレッシュレートで高い周波数分解能を提供します。 FFT機能は、さまざまなスペクトル測定ニーズに適応できるように、さまざまなウィンドウ機能もサポートしています。 3つのモード(ノーマル、アベレージ、マックスホールド)は、パワースペクトルを観察するためのさまざまな要件を満たすことができます。

履歴モード

履歴機能は最大10万フレームの波形を記録することができます。 記録は自動的に実行されるので、異常なイベントを観察し、カーソルまたは測定値を使用して関心のある領域をすばやく見つけるために、顧客はいつでも履歴波形を再生できます。

シーケンスモード

SDS5000X-12

セグメント化されたメモリコレクションは波形を複数のメモリセグメント(最大100,000)に保存し、各セグメントはトリガーされた波形とデッドタイム情報を保存します。 セグメント間のデッドタイムは、2μs程度にまで短くなります。 履歴機能を使用してすべてのセグメントを再生できます。

検索とナビゲート

SDS5000X-13

SDS5000Xは、ユーザーが指定したイベントをフレーム内で検索できます。 検索によってフラグが立てられたイベントは、ナビゲートを使用して自動的に呼び出すことができます。 それはまた時間(遅れの位置)および歴史フレームによって航行することができます

ハードウェアベースの平均およびEresの取得

SDS5000X-14

AverageおよびEres(Enhanced Resolution)の収集モードはハードウェアベースであるため、波形をより高速でキャプチャできます。

ハードウェアベースの高速マスクテスト機能

SDS5000Xはハードウェアベースのマスクテスト機能を利用して、毎秒最大110,000の合否判定を実行します。 トレースマスクの比較を提供するためにユーザー定義のテストテンプレートを生成することは容易であり、長期間の信号モニタリングまたは自動生産ラインテストに適しています。

SDS5000X-16

内蔵のマスクエディタアプリケーションは、カスタムマスクを作成するのに役立ちます

シリアルバスデコード

SDS5000X-17

イベントリストを介してデコードされた文字を表示します。 バスプロトコル情報はすばやく直感的に表形式で表示できます。 I2C、SPI、UART、CAN、LIN、CAN FD、FlexRay、I 2 S、およびMIL-STD-1553Bがサポートされています。

波形ヒストグラム

SDS5000X-18

波形ヒストグラム機能は、水平方向と垂直方向の波形の統計ビューを提供します。

デジタル電圧計機能

4桁の電圧計と7桁の周波数カウンター。 任意のアナログチャンネルをソースとして選択できます。 棒グラフ、ヒストグラム図、トレンド図がサポートされています

Webコントロール

SDS5000X-20

新しい内蔵Webサーバを使用すると、ユーザは簡単なWebページからオシロスコープを制御できます。 これは素晴らしいリモートトラブルシューティングと監視機能を提供します。

デジタルチャンネル/ MSO(オプション)

SDS5000X-21

4つのアナログチャンネルと16のデジタルチャンネルにより、1つの機器で同時に波形を集録してトリガし、パターンを解析できます。

25MHz機能内蔵/任意波形発生器(オプション)

SDS5000X-22

SDS5000XはSAG1021 USBファンクション/任意波形発生器を制御して、最大25 MHzの周波数と±3 Vの振幅の波形を出力できます。 6種類の基本波形と複数種類の任意波形が内蔵されています

完全なコネクティビティ

SDS5000X-23

USBホスト、USBデバイス(USBTMC)、LAN(VXI-11、telnet、ソケット、Web)、合格/不合格、トリガ出力、10 MHz入出力/ VGA出力

モデル 説明
SDS5104X 1 GHz, 4 CH, 5 GSa/s (最大)
SDS5102X 1 GHz, 2 CH, 5 GSa/s (最大)
SDS5054X 500 MHz, 4 CH, 5 GSa/s (最大)
SDS5052X 500 MHz, 2 CH, 5 GSa/s (最大)
SDS5034X 350 MHz, 4 CH, 5 GSa/s (最大)
SDS5032X 350 MHz, 2 CH, 5 GSa/s (最大)
標準アクセサリ
USB ケーブルx1
クイックスタート x1
パッシブプローブ×2(2チャンネルモデル) x 4(4チャンネルモデル)、350 MHzモデル用のSP2035Aおよび500 MHz / 1 GHzモデル用のSP3050A
校正証明書×1
電源コード x1
オプションアクセサリー
SDS-5000X-4BW05 350MHzから500MHzへの帯域幅アップグレード(4チャンネルモデル)*
SDS-5000X-2BW05 350 MHzから500 MHzへの帯域幅アップグレード(2チャンネルモデル)*
SDS-5000X-4BW10 500 MHzから1 GHzへの帯域幅のアップグレード(4チャンネルモデル)
SDS-5000X-2BW10 500 MHzから1 GHzへの帯域幅のアップグレード(2チャンネルモデル)
SDS-5000X-FG 波形発生器ソフトウェア
SAG1021 25MHz USB機能/任意波形発生器
SDS-5000X-16LA 16デジタルチャンネル(ソフトウェア)
SPL2016 16チャンネルロジックプローブ
SDS-5000X-I2S I2Sトリガー&デコード
SDS-5000X-CANFD CAN FDトリガ&デコード
SDS-5000X-FlexRay FlexRayトリガ&デコード
SDS-5000X-1553B MIL-STD-1553Bトリガー&デコード
STB3 STB3デモ信号源
SAP1000 1 GHzアクティブプローブ
HPB4010 高電圧プローブ
CP4020/CP4050/CP4070/ CP4070A/CP5030/ CP5030A/CP5150/CP5500 電流プローブ
DPB4080/DPB5150/ DPB5150A/DPB5700/ DPB5700A 高電圧差動プローブ
シリーズ バンド幅 チャンネル リアルタイムサンプルレート キャプチャーレート メモリ長
SDS5000X-p14689

SDS5032X

350 MHz 2 + EXT 5 GSa / s(インターリーブモード)、2.5 GSa / s(ノンインターリーブモード) 110,000 wfm/s (ノーマルモード)、 480,000 wfm/s (シーケンスモード) 250 Mpts (インターリーブモード)、 125 Mpts (ノンインターリーブモード)
SDS5000X-p14689

SDS5034X

350 MHz 4 + EXT 5 GSa/s(インターリーブモード)、 2.5 GSa/s(ノンインターリーブモード) 110,000 wfm/s (ノーマルモード)、480,000 wfm/s (シーケンスモード) 250 Mpts(インターリーブモード)、 125 Mpts (ノンインターリーブモード)
SDS5000X-p14689

SDS5052X

500 MHz 2 + EXT 5 GSa/s(インターリーブモード)、 2.5 GSa/s(ノンインターリーブモード) 110,000 wfm/s(ノーマルモード)、 480,000 wfm/s (シーケンスモード) 250 Mpts (インターリーブモード)、125 Mpts (ノンインターリーブモード)
SDS5000X-p14689

SDS5054X

500 MHz 4 + EXT 5 GSa/s(インターリーブモード)、2.5 GSa/s(ノンインターリーブモード) 110,000 wfm/s(ノーマルモード)、 480,000 wfm/s (シーケンスモード) 250 Mpts(インターリーブモード)、125 Mpts (ノンインターリーブモード)
SDS5000X-p14689

SDS5102X

1 GHz 2 + EXT 5 GSa/s(インターリーブモード)、 2.5 GSa/s(ノンインターリーブモード) 110,000 wfm/s(ノーマルモード)、 480,000 wfm/s (シーケンスモード) 250 Mpts (インターリーブモード)、 125 Mpts (ノンインターリーブモード)
SDS5000X-p14689

SDS5104X

1 GHz 4 + EXT 5 GSa/s 110,000 wfm/s(ノーマルモード)、 480,000 wfm/s (シーケンスモード) 250 Mpts(インターリーブモード)、125 Mpts (ノンインターリーブモード)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る