SDS5000Xシリーズデジタルストレージオシロスコープ

主な特徴

  • 350 MHz、500 MHz、1 GHzモデル
  • 最大5 GSa / sのリアルタイムサンプリングレート
  • 最大250 Mptsのレコード長
  • 最大500,000 wfm / sの波形キャプチャレート(シーケンスモード)
  • シリアルバストリガーおよびデコーダー、I2C、SPI、UART、CAN、LIN、CAN FD、Flexray、I2SおよびMIL-STD-1553Bをサポート

マルチタッチ、リモートコントロール

SDS5000Xは、10.1インチの大型ディスプレイを備えています。静電容量式タッチスクリーンはマルチタッチジェスチャをサポートし、最も一般的に使用される機能のための使いやすいワンボタンデザインの追加により、SDS5000Xの操作効率を大幅に向上できます。 また、マウスと外部キーボードの制御もサポートしています。

また、大容量のドライバーやSCPIプログラミングコマンドをサポートする無料のPCソフトウェアをインストールすることなく、PCおよびモバイル端末でリモート制御できるWebサーバーも提供します。

SDS5000X

シリアルトリガーとデコード

SDS5000Xは、さまざまな業界で適用されるさまざまなシリアルプロトコルトリガーとデコードを提供します。

I2C、SPI組み込みシリアルプロトコル
PC上のUARTシリアルプロトコル
CAN、CAN FD、LIN、FlexRay Automotiveシリアルプロトコル
I2Sオーディオシリアルプロトコル
MIL-STD 1553B Aerospaceシリアルプロトコル

SDS5000X

8-in-1インストゥルメント

SDS5000Xは複数の機能を1つに組み合わせて、スペースを節約し、ユーザーにより多くの価値を提供します。

16チャネルロジックアナライザー
ボード線図による電力ループ応答テスト用の25 MHzの絶縁AWG
テンプレートテスト
デジタルマルチメータ
ボード線図関数
電力解析ソフトウェア
カウンター
周波数計
製品ページはこちら

SDS5000X
SDS5000X SDS5000X SDS5000X
SDS5000X

複数のトリガータイプ

SDS5000Xは、さまざまな特性の信号をすばやくトリガーする最大11種類のインテリジェントトリガーをサポートしています。 たとえば、ラントトリガーを使用すると、セットアップ振幅でラントシグナルをすばやくトリガーできます。

従来のトリガータイプを使用する特別な信号では、約20ステップのセットアップステップが必要になる場合があります。 このため、SDS5000Xはゾーントリガーを追加します。 複雑な信号は、トリガーエリアボックスを描画するだけで「ワンステップトリガー」できます。

SDS5000Xでサポートされるトリガーソースには、4つのアナログチャネル、16のデジタルチャネル、EXT、EXT / 5、ACラインが含まれます。

SDS5000X

強力な測定機能

SDS5000Xは現在、55を超えるパラメーター測定をサポートしています。 高度な測定機能は、12個のパラメーターを同時に測定し、パラメーター値のトレンドをトレンドグラフの形式で表示します。 統計機能をオンにすると、パラメーターの現在値、平均、最小、最大、標準偏差、および統計の数が画面に表示されます。

測定のソースには、アナログおよびデジタルチャンネルのほか、ズーム後の信号、MATH波形、Ref波形が含まれます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る