SIGLENT Technologies、SDS2000Xシリーズスーパー蛍光体オシロスコープを発表

2015年11月30日。SIGLENT Technologies社は、深センに新しいSDS2000Xシリーズスーパー蛍光体オシロスコープを正式にリリースしました。 SIGLENTの海外市場で最高性能のデジタルオシロスコープとして、SDS2000Xシリーズは70MHz、100MHz、200MHzおよび300MHzの4つの帯域幅で利用できます。 SDS2000Xシリーズには、新世代のSPO技術を使用するだけでなく、多くの新機能と強力な機能が搭載されています。

SDS2000X-0

新しいハードウェアの改善

300MHzまでの4つの帯域幅と2GS / sのサンプリングレートに加えて、SDS2000Xは最大140Mptsの記録長と500,000wfm / sの高い波形捕捉率を提供します。 SDS2000Xは、新世代のSPOアーキテクチャをベースにしたハードウェアベースのデジタルトリガシステムを使用し、50ps未満のトリガジッタを誇ります。

強化された動作機能

8インチカラーの高解像度ワイドスクリーンでは、SDS2000Xと同時に4つのトレースを観察することが容易です。 そして、革新的な256レベルの輝度グレーディングと色温度表示は、波形の色による信号発生の発生確率を示します。 エンジニアにとって最も一般的に使用される機能は、10種類のワンボタン・ショートカットに設計されています。 SDS2000Xは、操作を簡単かつ直感的に行うために、これらのタイプのユーザーフレンドリーな詳細を念頭に設計されています。

優れたデバッグ解析機能

SiglentのSDS2000Xシリーズは、豊富なインテリジェントなトリガモードとシリアルバスのトリガとデコードを提供するだけでなく、セグメント化取得(シーケンス)モードと履歴波形レコード(履歴)機能もサポートしています。 その他の機能には、Eresモード、ハードウェアベースの高速パス/フェイル機能、内蔵のオプションの25MHz機能/任意波形発生器、オプションの16個のデジタルチャネル(MSO)が含まれます。

製品ページはこちら

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る