SIGLENT Technologies、SDS2000X Plusシリーズのスーパー蛍光体オシロスコープのリリースを発表

2020年1月16日:Siglentは新しい2000クラスのデジタルオシロスコープをリリースしました。新しいSDS2000X Plusシリーズには、4つのモデルが含まれます。100MHz帯域幅の1つの2チャネルモデル(350 MHzにソフトウェアアップグレード可能)と、帯域幅が100、200、350 MHzの3つの4チャネルモデルです。さらに、350 MHzモデルは500 MHz(2つの独立したチャネルで利用可能な最大帯域幅)にアップグレードできます。

SDS2000X Plusは、高性能シリーズSDS5000Xの優れたユーザーインターフェイスを継承しました。これには、10インチのタッチスクリーン、外部マウスおよびキーボードコントロールが含まれ、内蔵Webサーバーにより、このシリーズは使いやすく、学習曲線を最小限に抑えます。

さらに、オシロスコープは、オーバーサンプリングを使用してより高い解像度を実現する10ビットの取得モードを提供します。 X Plusは、500µV / divの最も低い垂直設定と組み合わせて、最小の信号詳細を根絶することができます。

4チャネルモデルには、2つの2 GS / s ADCと2つの200 Mptsメモリモジュールが付属しています。この強化されたメモリ深度により、より大きな時間/ div設定で高いサンプルレートが保証されます。これは、タイムベースの設定に関係なく、必要な詳細を提供することにより、ゆっくり変化する信号の高周波コンテンツを分析するときに非常に便利です。

シーケンスモードは、波形キャプチャレートを最大500 000 wfm / sに上げます。これにより、波形キャプチャレートを最大化し、重要なイベントの欠落を防ぐことができます。これにより、オシロスコープの「デッドタイム」が4倍以上短縮され、エンジニアはまれな信号異常をより迅速に発見できます。特殊モードは、メモリの最適化された使用も可能にします。

内蔵の50 MHz関数発生器オプションと無料のボード線図関数を組み合わせることにより、他の機器に投資することなく、便利で低コストの周波数解析を実現できます。スイッチモード電源(SMPS)を開発している場合、ボード線図はフィードバックループシステムの位相およびゲインマージンを測定し、設計の安定性を判断するのに役立ちます。

X Plusシリーズには、一般的な電源特性の自動オンスクリーンパフォーマンス分析を提供する電力分析オプションも備わっています。 Siglent電流プローブと差動電圧プローブを併用すると、このオプションは設計を完成させるために不可欠です。

標準機能も含まれています:I2C、UART、SPI、LIN、CANのシリアルバストリガーとデコード。オプションには、I2S、CAN-FD、FlexRay、MIL-1553Bデコード、および最大帯域幅が含まれ、SDS2000X Plusをテストのニーズに合わせて拡張できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る