SIGLENT、SDS2000X-Eシリーズスーパー蛍光体オシロスコープの発売を発表

2018年12月10日、SIGLENT Technologiesは、新しいSDS2000X-Eシリーズスーパー蛍光体オシロスコープの発売を発表しました。 以前のXシリーズ製品と比較して、SDS2000X-Eシリーズは最新世代のSPO技術を採用しています。 優れた信号忠実度を示すため、背景雑音は業界の類似製品よりも低くなります。 SDS2000X-Eオシロスコープの機能と高性能は、この価格で他のものに匹敵するものではありません。

SDS2000X-E

SIGLENTのSDS2000X-Eシリーズデジタルストレージオシロスコープは、200 MHzと350 MHzの帯域幅で利用可能です。 最大サンプリングレートは2 GSa / s、最大レコード長は28 Mptです。 MSO(デジタルチャンネルはオプションです)として、2つのアナログチャンネルと16のデジタルチャンネルを同時に表示することができます。 SDS-2000X-Eファミリーのその他の高性能機能には、以下のものがあります。

SDS2000X-E

波形モード(履歴)とセグメント取得(シーケンス)

履歴波形を再生して異常なイベントを観察し、カーソルまたは測定パラメータを使用して問題の原因をすばやく見つけます。 シーケンシャルモードでは、波形格納スペースを複数のセグメントに分割し、各セグメントに1つのトリガフレームを格納します。

SDS2000X-E

1 Mpts FFTデータ処理

新しい数学コプロセッサは、波形ごとに最大100万サンプルを使用して入力信号のFFT分析を可能にします。 これは速いリフレッシュレートで高い周波数分解能を提供します。 FFT機能は、さまざまなスペクトル測定ニーズに適応できるように、さまざまなウィンドウ機能もサポートしています。

SDS2000X-E

イベント検索とナビゲーション

SDS2000X-Eは、ユーザーが指定したイベントをフレーム内で検索できます。 それはまた時間(遅れの位置)および歴史的なフレームによってナビゲートすることができます。

SDS2000X-E

ボード線図

SDS2000X-Eは、USB任意波形発生器モジュール(SAG1021)を制御したり、別のSiglent AWGデバイス(SDGシリーズ)を制御して振幅周波数特性と位相周波数特性スキャンを実行し、結果をボード線図またはリスト形式で表示できます。 スキャンしたデータをエクスポートします。

SDS2000X-E
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る