SDS2000X-Eシリーズスーパー蛍光体オシロスコープ

SDS2000X-E-02

製品の概要

SIGLENTの新しいSDS2000X-Eシリーズスーパー蛍光体オシロスコープは2つの帯域幅で利用可能です。 200 MHzと350 MHz。それぞれ最大サンプリングレートが2 GSa / s、標準レコード長が28 Mptsです。最も一般的に使用される機能は、そのユーザーフレンドリーなワンボタンデザインでアクセスすることができます。

SDS2000X-Eシリーズは新世代のSPO技術を採用しています。その優れた信号忠実度により、バックグラウンドノイズは業界の類似製品よりも低くなります。最小垂直入力範囲は500 uV / div、高感度で低ジッタの革新的なデジタルトリガシステム、および400,000フレーム/秒の波形キャプチャレート(シーケンスモード)を備えています。また、このクラスの他の機種では見られない256段階の輝度グレーディング表示機能と色温度表示モードを採用しています。 Siglentの最新のオシロスコープ製品は、シリアルバストリガおよびデコードを含む複数の強力なトリガモードをサポートしています。履歴波形記録とシーケンシャルトリガにより、拡張波形記録をキャプチャ、保存、分析することができます。また、ディープメモリFFTも含まれています。この演算機能はFFT計算に最大1Mサンプルを使用し、非常に高い周波数分解能を持つSDS2000X-Eを提供します。ハードウェアコプロセッサは、28Mのサンプルポイントすべてに対して真の高速測定と演算を実行するので、分析時の歪みが最小限に抑えられます。また、検索とナビゲート、画面上のボード線図、16チャンネルデジタル/ MSO(オプション)、外部USB電源の25 MHz AWGファンクションジェネレータモジュール(オプション)、ワイヤレス制御と監視用のUSB WIFIアダプタ(オプション)、およびWebブラウザ経由でリモートコントロールを可能にする組み込みアプリケーション。 SDS2000X-Eオシロスコープの機能と高性能は、この価格では他のどこにも匹敵しません。

主な機能

  • 200MHz、350MHz帯域幅モデル
  • 2 GSa / sまでのリアルタイムサンプリングレート(両方のチャネルがアクティブの場合、1チャネルあたり1 GSa / s)
  • 最新世代のSPOテクノロジ
    ・最大110,000 wfm / s(通常モード)の波形キャプチャレート
    ・400,000 wfm / s(シーケンスモード)
    ・最大28 Mptsのレコード長
    ・デジタルトリガシステム
  • インテリジェントトリガー:エッジ、スロープ、パルス幅、ウィンドウ、ラント、インターバル、タイムアウト(ドロップアウト)、パターン
  • シリアルバスのトリガとデコード(標準)、プロトコルIIC、SPI、UART、CAN、LINをサポート
  • ビデオトリガー、HDTVをサポート
  • 500μV/ divから10V / divまでの電圧スケールで低バックグラウンドノイズ
  • 10種類のワンボタンショートカット、自動設定、デフォルト、カーソル、測定、ロール、履歴、表示/保持、掃引のクリア、ズームおよび印刷をサポート
  • セグメント取得(シーケンス)モード。ユーザーが設定したトリガ条件に従って、最大レコード長を複数のセグメント(最大80,000)に分割し、適格なイベントをキャプチャするための非常に短いデッドタイムセグメントを使用します。
  • ヒストリ波形記録(ヒストリ)機能(最大記録波形長は80,000フレーム)
  • 38個のパラメータの自動測定機能、および測定統計、ズーム、ゲーティング、数学、履歴および参照機能
  • 1 Mpt FFT
  • 演算機能および測定機能は、メモリ内のすべてのサンプリングされたデータポイントを使用します(最大28 Mpts)。
  • 数学関数(FFT、加算、減算、乗算、除算、積分、微分、平方根)
  • プリセットキーは、ユーザー設定または工場出荷時の「デフォルト」に合わせてカスタマイズできます。
  • セキュリティ消去モード
  • 高速ハードウェアベースの合否機能
  • 16デジタルチャンネル(MSO)(オプション)
  • ボード線図
  • 検索とナビゲート
  • USB AWGモジュール(オプション)
  • USB WIFIアダプター(オプション)
  • Webブラウザベースの制御
  • 800×480解像度の大型7インチTFT-LCDディスプレイ
  • 複数のインターフェースタイプ:USBホスト、USBデバイス(USB-TMC)、LAN、合格/不合格、トリガアウト
  • SCPIリモートコントロールコマンドをサポート
  • LAN上のVXI-11 + SCPI、Telnet(ポート5024)+ SCPIおよびSocket(ポート5025)+ SCPIプログラミング
  • PCと携帯端末の両方にWebコントロールと仮想機器コントロールパネルをサポート
  • 多言語表示と埋め込みオンラインヘルプをサポート

最大サンプリングレート2 GSa / s、レコード長最大28Mpt

SDS2000X-E-04

ハードウェアベースのズームテクノロジと最大28Mptの最大記録長を使用して、ユーザーはより高い解像度でより長い期間にわたってキャプチャするためにオーバーサンプリングし、ズーム機能を使用して各信号内のより詳細を見ることができます。

波形キャプチャレート最大400,000 wfm / s

SDS2000X-E-05

オシロスコープは、最大400,000 Wfm / s(シーケンスモード)の波形キャプチャレートで、異常または低確率のイベントを簡単にキャプチャできます。

シリアルバスデコード機能(標準)

SDS2000X-E-06

SDS2000X-Eは、イベントリストを介してデコードを表示します。 バスプロトコル情報は素早く直感的に表形式で表示できます。

履歴波形(History)モードと セグメント取得(シーケンス)

SDS2000X-E-07

履歴機能を使用して最新のトリガーイベントを再生します。 セグメント化されたメモリコレクションはトリガイベントを複数(最大80,000)のメモリセグメントに格納し、各セグメントはトリガされた波形と各フレームのタイムスタンプを格納します。

28 Mポイントまでの真の測定

SDS2000X-E-08

SDS2000X-Eは、最大28 Mptsまでのすべてのサンプリングデータポイントに自動測定を適用できます。 これにより、演算コプロセッサが測定時間を短縮し、使いやすさを向上させながら、測定の精度を保証します。

1 MポイントFFT

SDS2000X-E-09

新しい数学コプロセッサは、波形ごとに最大100万サンプルを使用して入力信号のFFT分析を可能にします。 これは速いリフレッシュレートで高い周波数分解能を提供します。 FFT機能は、さまざまなスペクトル測定ニーズに適応できるように、さまざまなウィンドウ機能もサポートしています。

ハードウェアベースの高速パス/フェイル機能

SDS2000X-EはハードウェアベースのPass / Fail機能を利用して、毎秒最大40,000のPass / Fail判定を実行します。 ユーザー定義のテストテンプレートを簡単に生成することで、トレースマスクの比較が可能になり、長期の信号監視や自動化された生産ラインのテストに適しています。

16デジタルチャンネル/ MSO(オプション)

SDS2000X-E-11

16デジタルチャンネルにより、ユーザーはデジタル入力チャンネルを取得してトリガし、1つの機器でデジタルとアナログの両方の波形を同時に表示できます。

USB 25 MHz AWGモジュール(オプション)

SDS2000X-E-12

オプションの25 MHzファンクション/任意波形発生器は、USBホスト接続から操作されます。 機能には、正弦波、方形波、傾斜波、パルス、ノイズ、DC、およびその他の45種類の内蔵波形があります。 任意波形は、SIGLENT EasyWave PCソフトウェアによってアクセスおよび編集できます。

検索とナビゲート

SDS2000X-E-13

SDS2000X-Eは、ユーザーが指定したイベントをフレーム内で検索できます。 それはまた時間(遅れの位置)および歴史的なフレームによってナビゲートすることができます。

ボード線図

SDS2000X-E-14

SDS2000X-Eは、USB AWGモジュールまたは独立したSIGLENT SDG機器を制御し、回路の振幅および位相周波数応答をスキャンし、データをボード線図として表示できます。

 

SDS2000X-E-15

結果リストを表示したり、データをUSBディスクにエクスポートしたりすることもできます。

USB WIFIアダプター(オプション)

SDS2000X-E-16

計測のWiFi制御は、データを設定および収集するための便利で安全な方法を提供できます。 この新機能は、SIGLENTが承認したWiFiアダプタと連携して、SIGLENT SDS2000X-Eスコープとのワイヤレス制御および通信を提供します。

Webコントロール

SDS2000X-E-17

新しい内蔵Webサーバーを使用すると、ユーザーは簡単なWebページからSDS2000X-Eを制御できます。 これは素晴らしいリモートトラブルシューティングと監視機能を提供します。 Webページには、埋め込み仮想コントロールパネルを含むPCおよびモバイルスタイルがあります。

Webページのリアルタイム更新画面

SDS2000X-E-18

100 Mbps LANでは、内部Webページは最大10回/秒の速度で更新でき、ほぼリアルタイムの波形データおよび測定値の更新を提供します。 PCで表示すると、画面を全画面モードで表示できます。 この機能とPCのVGAインタフェースを使用すると、プロジェクタなどのビデオディスプレイデバイスを使用して、画面情報をより多くの人に簡単に配信できます。

完全なコネクティビティ

SDS2000X-E-19

SDS2000X-Eは、USBホスト、USBデバイス(USB-TMC)、LAN、合格/不合格およびトリガアウトをサポートしています。

注文情報
製品名 SDS2000X-Eシリーズデジタルオシロスコープ
SDS2202X-E 200 MHz
SDS2352X-E 350 MHz
標準アクセサリ USB ケーブル- 1
クイックスタート - 1
パッシブプローブ - 2
校正の証明 - 1
電源コード - 1
オプションアクセサリー 16チャンネルMSOソフトウェア SDS2000X-E-16LA
16チャンネルロジックアナライザ SLA1016
AWG ソフトウェア SDS2000X-E-FG
USB AWGモジュールハードウェア SAG1021
WIFI ソフトウェア SDS2000X-E-WIFI
USB WIFI アダプター TL_WN725N
分離フロントエンド ISFE
STBデモソース STB-3
高電圧プローブ HPB4010
電流プローブ CP4020/CP4050/CP4070/CP4070A/

CP5030/CP5030A/CP5150/CP5500

差動プローブ DPB4080/DPB5150/DPB5150A/

DPB5700/DPB5700A

ラックマウント SDS1X-E-RMK
シリーズ バンド幅 チャンネル リアルタイムサンプリングレート キャプチャーレート メモリ長
SDS2000X-E-146

SDS2202X-E

200MHz 2+EXT 2 GSa/s 110,000 wfm/s (ノーマルモード) 400,000 wfm/s (シーケンスモード) 14 Mpts/CH (インターリーブモードではない) 28 Mpts/CH (インターリーブモード)
SDS2000X-E-146

SDS2352X-E

350 MHz 2+EXT 2 GSa/s 110,000 wfm/s (ノーマルモード) 400,000 wfm/s (シーケンスモード) 14 Mpts/CH(インターリーブモードではない) 28 Mpts/CH (インターリーブモード)
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る