SDS1000X-Uシリーズ 超高感度蛍光体オシロスコープ

主な特徴

  • 100 MHzの帯域幅
  • 最大1GSa/sのリアルタイム・サンプリング・レート
  • 最大14Mポイントの記録長
  • I2C、SPI、UART、CAN、LINなどのプロトコルをサポートするシリアルバストリガ/デコーダ
  • フルメモリ(14Mポイント)での高度な測定が可能
  • 解像度800 * 480の大型7インチTFT-LCDディスプレイ

整理整頓された7インチディスプレイで素早く慣れ親しむ

7インチTFT-LCDディスプレイ(解像度800 * 480 256段階の輝度調整と色温度表示モードに対応

10個のワンボタンメニューで機能に素早くアクセス

頻繁に使用する機能は、ボタンを1回押すだけでアクセスできます。ズーム、ロール、セーブ、インテンシティ、メジャー、ヒストリー、デフォルト、カーソル、クリアスイープ、オートセットアップ。

シリアル・バス・トリガ/デコードなど豊富な標準機能を搭載

市場のほとんどのオシロスコープは、シリアル・デコードを無料で提供していませんが、SDS1104X-Uは提供しています。SDS1104X-Uは、IIC、SPI、UART、CAN、LINを含むシリアル・デコード機能を無償で提供しています。

波形とデータを同時に表示し、デコードの詳細情報をリスト形式で表示することができ、データの保存やエクスポートも可能です。

フルメモリ(14Mポイント)での高度な測定

SDS1104X-Uは、最大14Mポイントまでのサンプルデータをすべて測定することができます。これにより、測定の正確性が確保されるとともに、演算コプロセッサにより測定時間が短縮され、使いやすさが向上しています。

ピークサーチ機能付きFFTマーカーなど、時間短縮のための自動設定が可能

演算コプロセッサーは、入力された信号を1波形あたり最大128kサンプルでFFT解析することができます。これにより、高い周波数分解能と高速なリフレッシュレートを実現しています。SDS110X-Uシリーズでは、ピーク、マーカー、各種数値をサポートしており、様々なスペクトル測定に対応できます。

仕様

 

帯域幅 100 MHz
サンプル・レート(最大) 1 GSa/s
波形キャプチャーレート(最大) 400,000 wfm/s(シーケンスモード)
チャンネル数 4
メモリ容量(最大) 14 Mポイント/CH
シリアルトリガ/デコーダ(標準) I2C, SPI, UART, CAN, LIN
FFT 128 kpts
ヒストリー 80000 フレーム
画面 7'' 800*480
測定および演算 全14Mポイントの測定および演算

シグレント・テクノロジーズ社がオシロスコープの新製品SDS1000X-Uを発表

SDS1000X-Uは、100 MHzのアナログ帯域幅と4つのアナログ入力チャンネルを備えています。ご好評いただいているSIGLENT X-Eユーザーインターフェースを採用しており、信号計測に最適なパワフルで使いやすいオシロスコープです。

ダウンロード




アクセサリー

Passive Probe

Passive Probe

機器の標準USBケーブル。別途購入できます。

機器の標準USBケーブル。別途購入できます。

機器用に設計され、国によって認可された電源コード。 個別に購入できます。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る