SDS1000X-Eシリーズスーパー蛍光体オシロスコープ

SDS1000X-Eシリーズスーパー蛍光体オシロスコープ

SIGLENTの新しいSDS1000X-Eスーパー・フォスファ・オシロスコープは、2チャンネルと4チャンネル・モデルを備えています。 この2つのチャネルモデルは、200MHzのアナログ帯域幅、1GSa / sの最大サンプルレートを持つ1つのADC、14Mptsのサンプルメモリを備えた1つのメモリモジュールで利用できます。 4チャンネル・スコープは、100MHzおよび200MHzモデルで利用でき、2つの1GSa / s ADCと2つの14Mptsメモリ・モジュールを内蔵しています。 すべてのチャネルが有効な場合、各チャネルのサンプリングレートは500 MSa / sで、標準レコード長は7 Mptsです。 1つのADCにつき1つのチャネルのみがアクティブな場合、最大サンプルレートは1 GSa / sで、最大レコード長は14 Mptsです。 使用を容易にするために、最も一般的に使用される機能には、使いやすいフロントパネルデザインでアクセスできます。

SDS1204XEmain

製品の概要

SDS1000X-Eシリーズは、信号忠実度と性能に優れた新世代のSPO(Super-Phosphor Oscilloscope)技術を採用しています。システムノイズも業界の類似製品よりも低くなっています。 500 uV / divの最小垂直入力範囲、高感度で低ジッタの革新的なデジタルトリガシステム、400,000フレーム/秒(シーケンスモード)の波形キャプチャレートを備えています。 SDS1000X-Eは、このクラスの他のモデルにはない256レベルの輝度グレーディング表示機能と色温度表示モードも採用しています。 SIGLENTの最新オシロスコープ製品は、シリアル・バス・トリガを含む複数の強力なトリガ・モードをサポートしています。 IIC、SPI、UART、CAN、LINバスタイプのシリアルバスデコードが含まれています。 X-Eモデルには、ヒストリ波形の記録と、拡張された波形の記録と分析を可能にする順次トリガも含まれています。もう1つの強力な追加機能は、信号スペクトルを観測するとSDS1000X-Eに非常に高い周波数分解能を与える100万ポイントの新しいFFT演算機能です。新しいデジタル設計には、取得とフロントパネルの応答を遅らせることなく、迅速かつ正確に測定値を提供するハードウェアコプロセッサーも含まれています。 SIGLENTの新しいSDS1000X-Eの機能と性能は、この価格帯の他のどこにも対応できません。

検索とナビゲート、ボード線図、16個のデジタルチャンネル(オプション)、外部USB給電25 MHz AWGモジュール(オプション)、USB WIFIアダプタ(オプション)、およびその他の機能を含む4つのチャンネルシリーズがさらに機能します。 Webブラウザ経由でのリモートコントロールが可能な組み込みアプリケーションです。

主な特徴

  • 100 MHz、200 MHzの帯域幅モデル
  • 2チャンネルシリーズは1GSa / s ADCを1つ、4チャンネルシリーズは1GSa / s ADCを2つ搭載しています。すべてのチャンネルが有効になると、各チャンネルの最大サンプリングレートは500 MSa / sになります。 1つのADCあたり1つのチャネルがアクティブな場合、サンプルレートは1 GSa / sです
  • 最新世代のSPO技術
  • 波形キャプチャレートは最大100,000 wfm / s(通常モード)、400,000 wfm / s(シーケンスモード)
  • 256レベルの輝度グレーディングとカラー表示モードをサポート
  • 最大14 Mptsの録音長
  • デジタルトリガシステム
  • インテリジェントトリガ:エッジ、スロープ、パルス幅、ウィンドウ、ランツ、インターバル、タイムアウト(ドロップアウト)、パターン
  • シリアルバストリガとデコード(標準)、プロトコルIIC、SPI、UART、RS232、CAN、LINをサポート
  • ビデオトリガ、HDTV対応
  • 500μV/ div〜10V / divの低電圧バックグラウンドノイズ
  • 自動設定、デフォルト、カーソル、メジャー、ロール、履歴、表示/維持、クリアスウィープ、ズーム、プリントをサポートする1​​0種類のワンボタンショートカット
  • Segmented acquisition(Sequence)モードでは、ユーザーが設定したトリガー条件に従って、最大レコード長を複数のセグメント(最大80,000)に分割し、予期したイベントをキャプチャするためのデッドタイムセグメントはごくわずかです。
  • 履歴波形レコード(履歴)機能、最大記録波形長は80,000フレームです。
  • 38種類のパラメータ、測定統計、ズーム、ゲーティング、数学、ヒストリ、リファレンス機能の自動測定機能
  • 1 Mpts FFT
  • 数学と測定機能はすべてのサンプルデータポイントを使用します(最大14 Mpts)
  • 数学関数(FFT、加算、減算、乗算、除算、積分、微分、平方根)
    セキュリティ消去モードプリセットキーは、ユーザー設定または工場出荷時の "デフォルト"
  • セキュリティ消去モード
  • 高速ハードウェアベースの合格/不合格機能
  • MSO、16デジタルチャンネル(4チャンネルシリーズのみ、オプション)
  • ボード線図(4チャンネルシリーズのみ)
  • 検索とナビゲート(4チャンネルシリーズのみ)
  • USB AWGモジュール(4チャンネルシリーズのみ、オプション)
  • USB WIFIアダプタ(4チャンネルシリーズのみ、オプション)
  • Webブラウザベースのコントロール(4チャンネルシリーズのみ)
  • 800×480の解像度を持つ大型7インチTFT-LCDディスプレイ
  • 複数のインターフェースタイプ:USBホスト、USBデバイス(USB-TMC)、LANのパス/フェイル、トリガーアウト
  • SCPIリモートコントロールコマンドをサポート
  • 多言語表示と組み込みオンラインヘルプをサポート

7インチTFT LCDディスプレイと10個のワンボタンメニュー

Front panel of the four channel series

SDS1202XE001 Front panel of the two channel series

Front panel of the two channel series
  • 800 * 480の解像度を持つ7インチTFT-LCDディスプレイ
  • 最も一般的に使用される機能には、自動設定、デフォルト、カーソル、メジャー、ロール、履歴、持続、クリアスウィープ、ズーム、プリント

すべてのチャンネルが有効になると、各チャンネルの最大サンプリングレートは500 MSa / sになります。 ペアごとに1つのチャネルがアクティブな場合、そのチャネルのサンプリングレートは1 GSa / sです

1004XE1
1004XE2

4チャネル・シリーズには1 GSa / s ADCチップが2つ(チャンネル1と2は1つを共有し、チャンネル3と4は別のチャンネルを共有します)、各チャンネルは最大500 MSa / sのサンプル・レートを達成し、 チャネルが有効になります。

レコード長は最大14 Mpts(シングルチャンネル/ペアモード)、7 Mpts / CH(2チャンネル/ペアモード)

1004XE3

ハードウェアベースのズームテクノロジと最大14 Mptsの記録長を使用することで、ユーザーはオーバーサンプリングを行い、より長い時間、より高い解像度でキャプチャし、ズーム機能を使用して各信号内の詳細を表示することができます。

波形キャプチャレート最大400,000 wfm / s

1004XE4

400,000 wfm / sまでの波形キャプチャレート(シーケンスモード)により、オシロスコープは異常なイベントや低確率イベントを容易にキャプチャできます。

256 - 輝度強度のグレーディングと色温度表示

1004XE5

SPOディスプレイ技術は、高速リフレッシュレートを提供します。 結果の強度勾配トレースは、イベントがより少ない頻度で発生した場合に、より多くの頻度で発生するイベントに対してより明るくなります。

 

1004XE6

色温度表示は輝度勾配トレース機能と似ていますが、トレース発生は1色の強度の変化とは異なり、異なる色(色「温度」)で表されます。 赤色はより頻繁なイベントを表し、青色は頻繁に発生するポイントをマークするために使用されます

シリアルバスデコード機能(標準)

1004XE7

SDS1000X-Eは、イベントリストを通じてデコードを表示します。 バスプロトコル情報は、表形式で迅速かつ直感的に表示できます。

 

履歴波形(履歴)モードおよびセグメント化取得(シーケンス)

履歴機能を使用して、最新のトリガイベントを再生します。 セグメントメモリコレクションはトリガイベントを複数(最大80,000)のメモリセグメントに格納し、各セグメントはトリガされた波形を格納し、各フレームにタイムスタンプを格納します。

14M点までの真の測定

1004XE9

SDS1000X-Eは、イベントリストを通じてデコードを表示します。 バスプロトコル情報は、表形式で迅速かつ直感的に表示できます。

 

ゲートとズームの測定

ゲートとズームの測定により、波形データの解析と統計の任意の間隔を指定することができます。 これにより、無効または無関係のデータによって引き起こされる測定エラーを避けることができ、測定の妥当性および柔軟性が大幅に向上します。

1MポイントFFT

1004XE11

SDS1000X-Eは、イベントリストを通じてデコードを表示します。 バスプロトコル情報は、表形式で迅速かつ直感的に表示できます。

ハードウェアベースの高速パス/フェイル機能

1004XE12

SDS1000X-EはハードウェアベースのPass / Fail機能を使用し、毎秒最大40,000回の合否判定を行います。 ユーザー定義のテスト・テンプレートを簡単に生成し、トレース・マスクの比較を行い、長期間の信号監視や自動化された生産ライン・テストに適しています。

カスタマイズ可能なデフォルトキー

1004XE13

オシロスコープの現在のパラメータは、[保存]メニューから[デフォルトキー]にプリセットすることができます。

16個のデジタルチャンネル/ MSO(4チャンネルシリーズのみ、オプション)

1004XE14

16個のデジタルチャネルにより、ユーザは波形を取得してトリガし、1つの計測器と同時にパターンを解析することができます。

検索とナビゲート(4チャンネルシリーズのみ)

1004XE15

SDS1000X-Eは、ユーザがフレーム内で指定したイベントを検索できます。 また、時間(遅延位置)と履歴フレームによってナビゲートすることもできます。

 

1004XE16

ボード線図(4チャンネルシリーズのみ)

1004XE17

SDS1000X-Eは、USB AWGモジュールを制御し、独立したSIGLENT SDG機器を制御し、物体の振幅と位相周波数応答をスキャンし、データをボード線図として表示することができます。 また、結果リストを表示し、USBディスクにデータをエクスポートすることもできます。

 

1004XE18

USB WIFIアダプタ(4チャンネルシリーズのみ、オプション)

計測器のWiFi制御は、データの設定と収集の便利で安全な方法を提供します。 この新機能は、SIGLENT認定のWiFiアダプタで動作し、SIGLENT 4チャンネルスコープとのワイヤレス制御と通信を提供します。 Siglentがアダプターを供給する必要があります。

USB 25 MHz AWGモジュール(4チャンネルシリーズのみ、オプション)

1004XE20

4チャンネルシリーズは、USBホスト接続で動作するUSB 25MHz機能/任意波形発生器をサポートしています。 Sine、Square、Ramp、Pulse、Noise、DC、45種類の内蔵波形があります。 任意の波形は、SIGLENT EasyWave PCソフトウェアでアクセスおよび編集することができます。

完全な接続性

SDS1204X-E-5

4チャンネルシリーズのバックパネル

SDS1000X-Eは、USBホスト、USBデバイス(USB-TMC)、LAN(VXI-11)、合格/不合格、トリガ出力

 

SDS1202X-E-4

2チャンネルシリーズのバックパネル

Webコントロール(4チャンネルシリーズのみ)

1004XE21

新しい組み込みWebサーバーを使用すると、ユーザーはシンプルなWebページから4つのチャネルスコープを制御できます。 これにより、優れたリモートトラブルシューティングと監視機能が提供されます。

製品名 SDS1000X-E シリーズディジタルオシロスコープ
SDS1104X-E 100 MHz 4チャンネル
SDS1204X-E 200 MHz 4チャンネル
SDS1202X-E 200 MHz 2チャンネル
標準アクセサリ USB ケーブル-1
Quick Start -1
受動プローブ -4/2
証明書-1
電源コード -1
オプションのアクセサリ 16チャンネルMSOソフトウェア(4チャンネルシリーズのみ) SDS1000X-E-16LA
16チャンネル・ロジック・アナライザ(4チャンネル・シリーズのみ) SLA1016
AWGソフトウェア(4チャンネルシリーズのみ) SDS1000X-E-FG
USB AWGモジュールハードウェア(4チャンネルシリーズのみ) SAG1021
WIFIソフトウェア(4チャンネルシリーズのみ) SDS1000X-E-WIFI
USB WIFIアダプタ(4チャンネルシリーズのみ) TL_WN725N
隔離されたフロントエンド ISFE
STBデモソース STB-3
高電圧プローブ HPB4010
電流プローブ CP4020/CP4050/CP4070/CP4070A/CP5030/CP5030A/
CP5150/CP5500
差動プローブ DPB4080/DPB5150/DPB5150A/DPB5700/DPB5700A

「SDS1000X-Eシリーズスーパー蛍光体オシロスコープデータシート」

シリーズ バンド幅 チャンネル リアルタイムサンプルレート 収集レート メモリ長
SDS1204X-E
200 MHz 4 1 GSa/s 100,000 wfm/s (ノーマルモード), 400,000 wfm/s (シーケンスモード) 7 Mpts/CH (インタリーブモードではない); 14 Mpts/CH (インタリーブモード)
SDS1104X-E
100 MHz 4 1 GSa/s 100,000 wfm/s (ノーマルモード), 400,000 wfm/s (シーケンスモード) 7 Mpts/CH (インタリーブモードではない); 14 Mpts/CH (インタリーブモード)
SDS1202X-E
200 MHz 2+EXT 1 GSa/s 100000 wfm/s (Normal Mode),400000 wfm/s (Sequence mode) 14 Mpts
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る