SDG7000A 任意波形発生器

主な機能

SDG7000Aシリーズは、DCから1GHzまでの連続波まで、複数の波形発生機能を集積しており、アプリケーションによってはRF信号発生器の代わりに使用することができます

  • 最大帯域幅1GHz
  • デュアルチャンネル差動/シングルエンド出力
  • セグメント編集・再生機能
  • 16ビットLVDS/LVTTLデジタルバス出力
  • 5インチタッチパネル

多機能波形発生器

SDG7000Aシリーズは、DCから1GHzまでの連続波まで、複数の波形発生機能を統合しており、アプリケーションによってはRF信号発生器の代わりに使用することができます。シグレントのTrueArbポイント・バイ・ポイント任意波形発生技術を採用し、0.01Sa/sから2.5GSa/sまでのユーザー調整可能な出力サンプルレート、優れたジッタ性能、最大設定可能帯域幅500MHz以上のI/Qベクトル信号発生を可能にします。シグレントのEasyPulseアーキテクチャの利点を生かし、最小パルス幅1nsの低ジッタパルスを生成することが可能です。

ワイドレンジアンプリチュード出力

24Vppのアナログ出力に±12Vdcのオフセットを重畳し、最大±24V(48V)の出力レンジを実現。

優れた任意波形生成機能

AFGモードは従来のDDS技術で任意波形を生成するモード
AWGモードは、革新的なTrueArbテクノロジーを採用し、サンプルレートを0.01Sa/s~2.5GSa/sまで調整可能、ジッターは20ps以下です。従来のDDS技術の長所をすべて備えているだけでなく、その本質的なジッターや歪みの欠点も克服しています。また、この柔軟なプラットフォームは、複雑な波形を作成する際の柔軟性を高めるために、ゼロ次ホールド、線形およびsinc補間方法を提供します。

高速・低ジッタパルス

低ジッタ 従来のDDSで矩形波/パルス波形を生成する場合、サンプルレートが出力周波数の整数倍でないと、さらにジッタが発生する場合があります。EasyPulseテクノロジーは、このDDS設計の弱点を克服し、低ジッタのSquare/Pulse波形を生成することに成功しました。
高速性 最小1nsのパルス幅で、任意の周波数での発生が可能です。また、パルス幅は10ps単位で細かく調整できます。

ベクトル信号出力(オプション)

ASK、FSK、PSK、QAMなどの一般的な変調方式のIQ信号を生成することができます。革新的なリサンプリング技術により、250 S/s〜500 MS/sのどのシンボルレートでも優れたEVM性能を得ることができます。デジタル直交変調器を内蔵し、IQ信号のキャリアを0 Hz~1 GHzの任意の周波数に変調することができます。また、ソフトウェアにより、各種IQ信号の生成、編集が可能です。

モデル 最大出力周波数 最大サンプリングレート 垂直分解能 波形長 チャンネル数
SDG7102A
1 GHz 5 GSa/s 14-bit 512 Mpts 2 ディファレンシャル/シングルエンド
SDG7052A 500 MHz 5 GSa/s 14-bit 512 Mpts 2 ディファレンシャル/シングルエンド
SDG7032A 350 MHz 5 GSa/s 14-bit 512 Mpts 2 ディファレンシャル/シングルエンド

ダウンロード

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る