SDG6000Xシリーズパルス/任意波形発生器

SDG6000Xシリーズパルス/任意波形発生器

SDG6000Xシリーズパルス/任意波形発生器

SIGLENTのSDG6000Xは、最大500MHzの帯域幅、最大サンプルレート2.4GSa / s、および16ビット垂直分解能を備えた一連のデュアルチャネルパルス/任意波形発生器です。 また、独自のTrueArb&EasyPulseテクノロジが含まれており、任意波形波形、正方形波形、パルス波形を生成する際の従来のDDSジェネレータに内在する弱点を解決するのに役立ちます。 さらに、SDG6000Xは、ノイズ、IQ信号、PRBSパターンを生成できる多機能デバイスです。 これらの機能により、SDG6000Xはさまざまな高忠実度と低ジッタ信号を提供し、複雑で集中的なアプリケーションの増大する要件に対応します。

製品の概要

SIGLENTのSDG6000Xは、最大500MHzの帯域幅、最大サンプルレート2.4GSa / s、および16ビット垂直分解能を備えた一連のデュアルチャネルパルス/任意波形発生器です。 また、独自のTrueArb&EasyPulseテクノロジが含まれており、任意波形波形、正方形波形、パルス波形を生成する際の従来のDDSジェネレータに内在する弱点を解決するのに役立ちます。 さらに、SDG6000Xは、ノイズ、IQ信号、PRBSパターンを生成できる多機能デバイスです。 これらの機能により、SDG6000Xはさまざまな高忠実度と低ジッタ信号を提供し、複雑で集中的なアプリケーションの増大する要件に対応します。

主な特徴

  • デュアルチャネル、500MHzの最大帯域幅、20Vppの最大出力振幅、80dBのダイナミックレンジを備えた高忠実度出力
  • 2.4 GSa / sのサンプリングレートと16ビットの垂直解像度を備えた高性能サンプリングシステム
  • 多機能信号発生器、幅広い要件を満たす
SDG6000X

SDG6000X

  • スウィープとバースト機能
  • 高調波関数
  • 波形合成機能
  • チャンネルカップリング、コピー、トラッキング機能
  • 196の任意波形の組み込み
  • 高精度周波数カウンタ
  • 標準インタフェースには、USBホスト、USBデバイス(USBTMC)、LAN(VXI-11、ソケット、Telnet)が含まれます。 オプションのインタフェース:GPIB
  • より操作しやすい4.3インチタッチスクリーンディスプレイ

特性

SDG6000X

連続波 最大500MHzの連続正弦波

 

パルス

SDG6000X

調整可能なパルス幅

パルス幅は、任意の周波数で100psという小さな調整ステップで最小3.3nsに微調整することができます。

6000X3

調整可能なエッジ

立上り/立下り時間は、100psの最小調整ステップで任意の周波数で最小1nsまで独立して設定できます

6000X4
6000X5

低ジッタ

従来のDDSでSquare / Pulse波形を生成する場合、サンプリングレートが出力周波数の整数倍の倍数でない場合は、ジッタが発生する可能性があります。 EasyPulse技術は、DDSデザインのこの弱点を克服し、低ジッタのSquare / Pulse波形を生成するのに役立ちます。

任意波形

従来のDDSデザインでは、任意の波形をソースする際にジッタと歪みが発生する可能性があります。 SIGLENT TrueArbデザインはジッタと歪みを最小限に抑え、高品質の任意波形を出力するのに役立ちます。

6000X6

1点ごとの出力

TrueArbは、任意の波形をポイントごとに生成します。 定義されているように、波形のすべての詳細を再構築できるように、ポイントをスキップすることはありません。 直線補間とゼロ次補間の2つの補間モードがあります。

6000X7

低ジッタ

EasyPulseと同様に、TrueArbは従来のDDSジェネレータに影響するクロックジッタを効果的に克服します。

6000X8

任意波形ソフトウェアEasyWave

EasyWaveは、波形の作成と編集をサポートする任意の波形ソフトウェアプラットフォームです。 これは、手動描画、井戸ライン、等式、および座標編集モードを備えています。 また、ユーザーが独自の任意の波形を編集するのに便利な方法です。

6000X9

500MHzまでの帯域幅を持つガウス雑音。 繰り返し期間は100年以上で、帯域幅は調整可能です。

6000X10

ワイドバンドガウスノイズは他の波形に簡単に追加することができ、信号に大きなノイズが含まれている現実のシナリオをシミュレートします。

IQ(オプション)

6000X11
6000X12
6000X13

SDG6000Xは、ASK、FSK、PSK、QAMなどの一般的な変調タイプをサポートしています。 独自のリサンプリング技術は、250 Symb / s〜37.5MSymb / sの任意のシンボルレートで優れたEVM性能を提供します。 内蔵デジタル直交変調器は、ベースバンドから500MHzの中間周波数までIQ信号を生成する可能性を提供します。

IQ波形は、PCソフトウェアEasyIQで生成することができます。

PRBS

6000X14
6000X15

PRBS3 - PRBS32は、細かく調整可能な10-6bps〜300Mbpsのビットレートと1ns〜1usのエッジを備えています。

TTL、LVCMOS、LVPECL、LVDSなどの共通ロジックレベルをプリセットします。 差動モードを追加すると、両方のチャネルを使用して差動信号を生成する簡単な方法が提供されます。

6000X16

80dBのダイナミックレンジを備えた高忠実度出力

6000X17

高周波数での大信号

最大40MHzで保証されたデュアルチャネル、20Vpp振幅正弦波。

6000X18

小信号

低ノイズフロアは、信号対雑音比を向上させます。

複雑な信号生成

6000X19

変調

AM、FM、PM、FSK、ASK、PSK、DSBAM、PWMなどの多くの変調タイプがサポートされています。 モジュレーション・ソースは "Internal"または "External"として設定できます。

6000X20

スウィープとバースト

掃引モードには「線形」と「ログ」があります。 バースト・モードには、「Nサイクル」と「ゲート」があります。 SweepとBurstの両方は "Internal"、 "External"または "Manual"ソースによってトリガーされます。

6000X21

波形結合

波形合成機能は、CH1とCH2の波形を内部で重畳し、ユーザーが選択した出力に合成波形を提供します。 基本波形、ランダムノイズ、変調信号、スイープ信号、バースト信号、EasyPulse波形、TrueArb波形を簡単に組み合わせることができます。

6000X22

高調波機能

高調波機能は、信号に高次の要素を追加する機能を提供します。

2つのデュアルチャンネル動作モード

6000X23

「フェーズロック」モードは、各出力の位相を自動的に調整します。

「独立」モードでは、2つのチャネルを2つの独立したジェネレータとして使用できます。 独立モードは、アクティブなチャンネルに加えられたパラメータ(周波数、振幅)の変化も平滑化します。

周波数カウンタ

6000X24

統計機能と0.1 Hz〜400 MHzの入力範囲を備えた8桁のハードウェア周波数カウンタ。

製品
SDG6052X 500 MHz, 2-CH, 2.4 GSa/s, 16-bit
SDG6032X 350 MHz, 2-CH, 2.4 GSa/s, 16-bit
SDG6022X 200 MHz, 2-CH, 2.4 GSa/s, 16-bit
標準構成
Quick start ×1
電源コード ×1
較正証 ×1
USB ケーブル×1
BNC
同軸ケーブル ×2
オプション構成
SPA1010 10W パワーアンプ
ATT-20dB 20 dB 減衰器
USB-GPIB USB-GPIB アダプター
SDG-6000X-IQ IQ
ジェネレータモジュール

"SDG6000Xシリーズパルス/任意波形発生器のデータシート"

シリーズ 最大出力周波数 最大サンプルレート 垂直軸分解能 波形長 チャンネル
SDG6022X
200 MHz 2.4GSa/s 16bit 20Mpts 2
SDG6032X
350 MHz 2.4GSa/s 16bit 20Mpts 2
SDG6052X
500 MHz 2.4GSa/s 16bit 20Mpts 2

ドキュメント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る