SIGLENT Technologies は、スペクトラムアナライザの既存の範囲にリアルタイム機能を追加します

7.5 GHzに最大周波数を拡張したモデルを導入した直後、SIGLENTは新しいSSA3000X-Rシリーズリアルタイムのスペクトル・アナライザを導入することを誇りに思っています。

7.5 GHzに最大周波数を拡張したモデルを導入した直後、SIGLENTは別の進歩を導入することを誇りに思っています。新しいSSA3000X-Rシリーズは、SIGLENT RF製品ポートフォリオにリアルタイム周波数解析機能をもたらします。計測器は、最大40 MHzのリアルタイム分析帯域幅をサポートし、最大周波数は5GHzと7.5GHzです。SIGLENT SSA3000X-Rリアルタイムスペクトラムアナライザは、複雑なRF信号のモニタリングと解析のための強力で柔軟なツールです。
2020年4月:SIGLENTテクノロジーズは、一連のリアルタイムスペクトラムアナライザを発表しました。新しいSSA3000X-Rシリーズは、古典的なスペクトラムアナライザの機能とリアルタイムの信号取得と分析の利点を兼ね備えています。アドレス可能なアプリケーション領域には、放送、携帯電話および近距離通信システム、およびスペクトル監視が含まれます。研究開発、生産、保守作業、教育分野でも活用できます。
ユーザーインターフェイスのコンセプトは、一般的なSSA3000X Plusシリーズと同じ使いやすいコントロールとメニューを使用しています。これには、10.1インチのタッチスクリーン、外部マウス&キーボードコントロール、および分析装置の操作を直感的で簡単かつ快適にする統合されたWebサーバーが含まれます。
2つのモデルは9 kHzから5 GHzおよび9 kHzから7.5 GHzの帯域幅と利用できます。また、最小解像度帯域幅(RBW)は1 Hzで、標準の統合プリアンプは-165 dBmの最小DANLを提供するのに役立ちます。<0.7dBの振幅精度とともに、デバイスのノイズのすぐ上の最小信号でも検出および測定できます。
最大40 MHzのリアルタイム分析帯域幅、>7.2 μsの信号に対する100%のPOI、マルチディメンションのデータ表示、高度なトリガおよびRFデータキャプチャアナライザーの機能により、多くの最新のRF課題を解決できます。
オプションの高度な測定(SSA3000XR-AMK)には、チャネル電力(CHP)、隣接チャネル電力(ACPR)、占有帯域幅(OBW)、TOIおよびウォーターフォール図(モニター)、高調波およびキャリア対雑音比(CNR)測定値が含まれます。これらは、伝送や通信システムにおける様々な課題を解決するのに役立ちます。
EMIオプションが拡張され、高度なEMI測定ディスプレイが提供されるようになりました。利用可能な探知器はまた拡張され、今ピーク、平均、RMSおよび準ピークの探知器のタイプを提供する。CISPR16.1定義に従って200 Hz、9 kHz、120 kHzおよび1 MHzのEMIフィルター帯域幅も利用できます。また、EMIデバッグ目的で、ほとんど出現しない干渉源や広帯域ノイズを追いかけ、見つける目的で、リアルタイムの機能を利用できます。

SSA3000X-Rには、デジタル変調タイプ(SSA3000XR-WDMA)のベクトル信号解析オプションも含まれています。このオプションは、PSK、MSK、QAM変調信号のエラーベクトルの大きさ(EVM)などの複雑な変調信号とメジャーの品質を決定するように設計されています。SSA3000X-Rは最大40MHzの変調帯域幅で信号を解析できます。
他のSIGLENT SSAと同様に、X-Rシリーズには標準の統合されたトラッキング・ジェネレータ(TG)も含まれています。外部リターン損失ブリッジと組み合わせると、スペクトラムアナライザはスカラーネットワークアナライザに変わります。
優れた仕様に加えて、使用の柔軟性とエクステンションの可能性は、この新しいアナライザーをRF回路開発に不可欠なツールにします。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る