波形発生器

信号発生器は、試験に必要な特定のパラメータを有する試験信号を生成するためのものです。

        SIGLENTは、現在、3つの一連の機能/任意波形発生器SDG800、SDG1000、およびSDG5000を備えています。これらの各ジェネレータは、高度なDDSデジタル周波数合成技術を使用して、高品質の標準機能と任意の波形信号を生成します。また、さまざまなアナログ/デジタル変調機能を提供します。 SDG800およびSDG5000シリーズは、安定性の高い出力を提供するSiglentのEasyPulseテクノロジを使用しています。低ジッタで、非常に小さなデューティサイクルが可能で、幅広いパルス幅とエッジ時間があります。

        SIGLENT関数/任意波形ジェネレータの範囲には、最大512Kptsのデータを含むモデルが含まれます。 SiglentのEasyWave任意波形ソフトウェアを使用することにより、ジェネレータは複雑な任意の波形を生成することができます。また、SIGLENTオシロスコープにシームレスに接続することもできます。これにより、オシロスコープでキャプチャした信号を信号発生器にロードし、後でジェネレータの出力として使用することができます。

        SIGLENT関数/任意波形発生器モデルは最大160MHzの出力周波数を持ちます。最大500MSa / sのサンプリングレートと512Kサンプルポイントまでの任意の波形長を備えています。垂直解像度は14ビットで、シングルおよびデュアルチャンネルのモデルで使用できます。いずれも大型LCDディスプレイを備えています。フロントパネルのデザインはユーザーフレンドリーでシンプルなキーボードレイアウトはユーザーに素晴らしい体験を提供します。 SIGLENTファンクション/任意波形ジェネレータは、リモートコントロールやその他の特殊アプリケーションの実装を容易にするさまざまな入出力インターフェイスを提供します。

シリーズ 最大出力周波数 最大サンプリングレート 縦軸分解能 波形長 チャンネル
200MHz,350MHz,500MHz 2.4GSa/s 16bit 20Mpts 2
80MHz, 110MHz, 120MHz, 160MHz 500MSa/s 14bit CH1: 16Kpts
CH2: 512Kpts
2 CH
40MHz, 80MHz, 120MHz 1.2GSa/s 16bit 8pts~8Mpts 2
60MHz 150 MSa/s 14-bit 16 kpts 2 CH
5MHz,10MHz,20MHz,25MHz,50MHz 125MSa/s 14bit 16Kpts 2 CH
5MHz,10MHz,30MHz 125MSa/s 14bit 16Kpts 1 CH
ページ上部へ戻る