デジタルオシロスコープ

様々なタイプの電子試験装置の中で、オシロスコープは電子技術者の目として知られています。多くの企業はオシロスコープを使用して欠陥を発見し、それによって許容できる品質の製品を作り出しています。オシロスコープの幅広いアプリケーション分野には、コンピュータ、携帯電話、通信機器、自動車エレクトロニクス、電力およびその他の製造企業、大学や研究機関、航空宇宙、防衛などがあります。
        SIGLENTの創設者は2002年にオシロスコープの独立した調査を開始しました。最初のデジタルオシロスコープであるADS7000シリーズは2005年に発売され、毎年50%以上の成長率を維持しています。 SIGLENTは、世界で最も急速に成長しているデジタルオシロスコープの製造元であり、7年間にわたって使用されています。 SIGLENTは2007年、オシロスコープ業界のBig Threeの1つであるLeCroyとのグローバル戦略的パートナーシップを確立しました。 SIGLENTの革新的なSPO技術に基づくSDS2000シリーズのオシロスコープは、より高い波形捕捉率、256レベルの輝度グレーディングと色温度波形表示、ディープ・メモリと低ジッタ・デジタル・トリガなど、この同じレベルの性能を維持します。
        SIGLENTの多様な製品ラインは、オシロスコープの中国大手メーカーとして、経済的なオシロスコープSDS1000シリーズ、多機能SDS2000シリーズ、ハンドヘルド・オシロスコープSHS800 / 1000シリーズとの高い機能対価格比をカバーしています。

シリーズ バンド幅 チャンネル リアルタイムサンプルレート 収集レート メモリ長
70MHz,100MHz
200MHz,300MHz
2/4 チャンネル+16 デジタルチャンネル 2GSa/s (1チャンネル [1] ), 1GSa/s (2チャンネル) 140,000 wfm/s (ノーマルモード), と 500,000 wfm/s (シーケンスモード) 140 Mpts (1チャンネル), 70 Mpts (2チャンネル)
70 MHz,100 MHz
200 MHz,300 MHz
2,4 CH 2 GSa/s - 24 Kpts
150 MHz, 100 MHz, 2+EXT  1 GSa/sまで -  2 Mptsまで
200 MHz, 100 MHz 2+EXT 1 GSa/s 60,000 wfm/s (ノーマルモード), 400,000 wfm/s (シーケンスモード) 7 Mpts/CH (2チャンネル); 14 Mpts/CH (1チャンネル)
100 MHz,200 MHz 2+EXT,4 1 GSa/s 100000 wfm/s(ノーマルモード),400000 wfm/s (シーケンスモード) 7 Mpts/CH (対話モード以外); 14 Mpts/CH (対話モード)
200MHz 2 CH 1GSa/s - 40Kpts
50M Hz 2 CH 500 MSa/s - 32 Kpts
ページ上部へ戻る