SIGLENT Technologiesは、既存の製品範囲に電子DC負荷を追加します

プログラム可能な電子負荷のSDL1000X / X-Eシリーズの導入は、バッテリーおよび電源エンジニアに大きな価値をもたらします。 新しく発表されたE-Loadsは、最大150V / 30Aの入力範囲を特長としており、200または300ワットバージョンで利用できます。 これらの汎用性の高い機器は、電源の静的および動的テスト、組み込み電源設計、およびバッテリーと太陽電池の性能の検証に完全に適合します。

Electronic DC-Loads

2019年4月:SIGLENT Technologiesは、SDL1000XおよびSDL1000X-Eシリーズのプログラム可能な電子DC負荷を導入しました。 SDL1020X / XEモデルの入力範囲は150 V / 30 Aで、総消費電力は200 Wです。SDL1030X/ X-Eの入力範囲は150 V / 30 Aで最大300 Wです。Xタイプは、 0.1 mV / 0.1 mAの測定分解能に対して、経済的なXEタイプは、1 mV / 1 mAの優れた性能を発揮します。

接続ワイヤの電圧降下による追加のエラーを除去するために、4線式センス補償モードも実装されています。負荷は、CC / CV / CRおよびCPのすべての一般的な動作モードをサポートします。

この新しいe-loadシリーズの最も重要な機能の1つは、高速応答パフォーマンスです。動的テストモードでは、2つのユーザー定義レベル(レベルAとレベルB)間の定期的な切り替えの最高周波数で25 kHzを達成できます。調整可能なスルーレートは、ユーザーが2.5 A / usの値まで設定できます。

すべてのモデルには、3.5インチTFT-LCDディスプレイが標準装備されています。使いやすいインターフェイスにより、Loadの操作が簡単になります。この機能の一部として、オペレーターはプログラム機能(最大50グループ)およびリスト機能(最大100ステップ)を使用して、バッテリー充電回路設計に役立つ複雑な放電プロファイルを作成できます。

さらに顧客価値を高めるために、SDL1000X / X-Eシリーズには、テストを簡単かつ迅速に行うための追加機能が搭載されています。たとえば、負荷には、LEDドライバテスト用に特別に設計されたLEDテストモード(CR-LED)があります。このモードは、単一の連続性などのLEDの実際の特性をエミュレートできます。さらに、計器には電圧しきい値機能、トレンドチャート機能、および電圧上昇/下降速度テストが実装されています。

セキュリティと信頼性を維持するために、SDL1000X / XEシリーズは、過電流(OCP)、過電圧(OVP)、過電力(OPP)、過熱保護(OTP)、逆電圧保護などの包括的な保護機能を提供しますDevice-Under-Testへの誤った配線接続を防ぐため。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る