会社沿革

会社沿革

  • 2017年4月
    SIGLENT Technologiesは、SDS1000X-Eシリーズスーパー蛍光体オシロスコープシリーズとSDM3065Xデジタルマルチメータの2つの新しいXシリーズ計測器ファミリのリリースを発表しました。
  • 2016年9月
    新しいSIGLENT TechnologiesモデルSDG1062Xの任意波形発生器では、60MHzまでの方形波を生成できる世界で初めての経済的な波形発生器が利用できます。
  • 2016年8月
    SIGLENT TechnologiesはXシリーズの最新メンバーを紹介します:新しい4.5桁のSDM3045Xマルチメーター。
  • 2016年5月
    SIGLENTは、一般的なSDS1000Xシリーズデジタルオシロスコープのラインナップを拡充し、SDS1000DL + / CML +シリーズのデジタルオシロスコープをアップデートします。
  • 2015年
    SIGLENTは、SDS2000X / SDS1000Xシリーズスーパー蛍光体オシロスコープ、SDG2000Xシリーズファンクション/任意波形発生器、SPD3303XプログラマブルリニアDC電源、SSA3000Xシリーズスペクトラムアナライザなど、X-Instrumentファミリを発表しました。
  • 2014年
    SDS2000シリーズオシロスコープ発売
  • 2014年
    Siglent America&Siglent Europeが設立されました。
  • 2014年9月
    SIGLENTは当社の高速5½桁マルチメータSDM3055 / 3055Aを発表しました。
  • 2013年12月
    SIGLENTは、SDG800シリーズの「経済機能/任意波形発生器」を発表しました。
  • 2013年11月
    SIGLENTは革新的なSPO技術を搭載したSDS2000シリーズスーパー蛍光体オシロスコープを発表しました。
  • 2012年11月
    SIGLENTは、プログラマブルリニアDC電源SPD3000シリーズを発表し、リアルタイム波形表示などの高度な機能を備えています。
  • 2012年10月
    SIGLENTは最大周波数が160MHzの機能/任意波形発生器のSDG5000シリーズの製造を開始します。 SIGLENT独自のパルス生成技術EasyPulseを適用することにより、SDG5000シリーズは類似製品と比較して優れた高振幅/高周波特性を発揮します。
  • 2012年8月
    SIGLENTはハンドヘルド・オシロスコープの経済的なSHS800シリーズを発表しました。 SHS800は、ポータブルバッテリ駆動のオシロスコープで利用可能な最高の値の1つです。
  • 2012年3月
    SIGLENTはコスト効率の高いデジタルオシロスコープSDS1000CMLSDS1000CNLSDS1000DLの3種類のファミリを発売しました.1つは10インチ以上のモデルに7インチのディスプレイを搭載しています。
  • 2011年8月
    SIGLENTは国内で完全な知的財産権を持つ最初の分離型ハンドヘルドオシロスコープを発売しました。 SHS1000シリーズ。 ポータブルバッテリ駆動機器にデジタルオシロスコープ、マルチメータ、レコーダを内蔵し、5.7インチの「TFT-LCD」ディスプレイ、1GSa / sのサンプリングレート、2Mビットのメモリ深度、100MHzの帯域幅を備えています。
  • 2011年3月
    SIGLENTは、DDS技術、デュアルチャネル出力、125MSa / sサンプリングレート、最大50MHzの帯域幅を備えた機能/任意波形発生器のSDG1000ファミリを発表しました。
  • 2011年2月
    SIGLENTは絶縁されたチャネル入力モジュールを起動し、高電力分野に使いやすい低コストのソリューションを提供します。
  • 2010年9月
    Siglentは、4つの独立したチャンネル、300MHzの帯域幅、美しい魅力的な機能デザイン、7インチ/ 8 x 18ディスプレイを備えたSDS1000CFLシリーズの生産を開始します。
  • 2010年6月
    SIGLENTは2Gオシロスコープの予備調査を完了しました。
  • 2009年9月
    SIGLENTは4つの独立したチャネルと300MHzの帯域幅を持つSDS1000CFオシロスコープを発売しました。これは国内の4チャネル・オシロスコープの最高帯域幅です。
  • 2009年2月
    SIGLENTは、1GSa / sのリアルタイムサンプリングレートと2Mのメモリ深度(この種の最大メモリ深度)を備えたSDS1000CMシリーズのオシロスコープを発表しました。
  • 2008年8月
    SIGLENTは、60MHz〜300MHzの帯域幅と2GSa / sのリアルタイムサンプリングレートで利用可能なSDS1000CEシリーズを発売しました。
  • 2008年9月
    SIGLENTの製品は米国UL認定を通過します。
  • 2008年3月
    SIGLENTはSDS1000Cシリーズを発売しました。
  • 2008年1月
    SIGLENTは500MHz〜1GHzの帯域幅を持つ中端デジタルオシロスコープ製品の研究を開始しました。
  • 2007年1月
    SIGLENT社はADS2000シリーズのオシロスコープを発表しました。 これは初めてのUディスクストレージ技術であり、PictBridge印刷技術は1GSa / sのサンプルレートオシロスコープに導入されました。
  • 2007年
    一連のADS7000オシロスコープは、米国および西ヨーロッパ諸国で販売されました。 その年のADS7000の販売台数は1万台を超えました。
  • 2005年10月
    SIGLENTは、1 GSa / sのサンプリングレート、EasyHunting技術、および他の多数のユニークな機能を備えたADS7000シリーズを発売しました。 EasyHuntingにより、SIGLENTのデジタル・オシロスコープは、同レベルのデジタル・オシロスコープより2〜4倍の精度を向上させることができます。
  • 2002年
    SIGLENTの創設者は、デジタルオシロスコープの予備研究を開始しました。
ページ上部へ戻る