低価格で高いパフォーマンスを実現 – SIGLENTの新しい500 MHzパルス/任意波形発生器

2017年11月13日。
SIGLENT Technologiesは、新しいXシリーズ機器ファミリのリリースを発表しました。SDG6000Xシリーズのパルス/任意波形発生器です。最大帯域幅は、モデルに応じて200〜500MHzです。

imag16052X

Siglent SDG6000Xは、Siglentの最高性能ジェネレータを表しています。

SDG6000Xは、新しい、より高度なデジタル処理回路を含む新しい高速なコンポーネントとデザインを使用して、クラス内の競合ユニットよりも高い帯域幅、より高速な移行時間、およびより多くの機能を実現します。

image003

SDG6000Xの最大帯域幅は最大500MHzです。さらに、最大2.4GSa / sのサンプリングレートと16ビットの垂直解像度を備えたこの高速ジェネレータは、標準のファンクションジェネレータよりも高い分解能を提供し、より正確で正確な波形を提供します 詳細。

SDG6000Xは、SIGLENTのEasyPulse Technologyのおかげで、出力パルスのDDS技術の弱点を克服し、パルス機能の立ち上がり/立ち下がり時間と幅を大幅に調整することができます。 SDG6000Xの立ち上がり/立ち下がり時間は、1nsほどの低さに設定することができます。これは、非常に高価なユニットに匹敵します。

image006
image008

SDG6000Xは、機能/任意波形発生器に加えて、高品質のパルス発生機能、ノイズ機能、IQ信号(SDG6000Xシリーズオプション)、選択可能な高調波、PRBS(SDG6000Xシリーズ標準)などの利点を備えています。 他の機能には、チャンネル間フェーズロック、スイープ/バースト機能、チャンネルトラッキング/カップリング/レプリケーション、波形オーバーレイ、ビルトインハードウェア周波数カウンタなどがあります。

 

SiglentのTrueArb技術により、SDG6000Xは任意の波形をポイントごとに出力することができます。データポイントをスキップしたり、波形の詳細が欠落したりすることはありませんが、常に高品質で低ジッタ信号を提供します。

image009

SDG6000XはオプションとしてIQ信号発生器機能を提供します。 ユーザは、SiglentのEasyIQソフトウェアを使用して、一般的に使用されるASK、FSK、PSK、QAM、およびその他の変調タイプのI / Q信号を生成することができます。 革新的なリサンプリング技術により、SDG6000Xは250 Symb / sから37.5 MSymb / sまでの任意のシンボルレートで優れたEVM性能を実現します。 内蔵デジタル直交変調器は、I / Q信号の搬送波を500MHzまでの任意の周波数に変調します。

image011
image013

PRBSパターン信号生成機能は、デジタル回路設計のエラー確認に役立ち、PRBS3-PRBS32に10-6 bps〜300 Mbpsのビットレートと1 ns-1 usの細かい調整が可能です。

さらに、SDG6000Xは、AM、FM、PM、FSK、ASK、DSB-AM、PSK、PWM変調タイプをサポートしています。 Engine、Medical、Math、Trigなどのカテゴリには196種類の任意波形が組み込まれています。

image016
image017
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • follow us in feedly

関連記事

ページ上部へ戻る